2015年05月24日

[タイ]マレー半島周遊編B 〜ソンクラー地方南下に費やす午前中 〔'15/4/11〜18〕


さて、そんなこんなで、
一晩超す前にすでに3時間半遅れ。
夕ご飯を食べて、ベッド作ってもらって、
いつも通り早めに布団に入ります。

今日はすぐに眠りに付けなくて、翌日以降の行動を決めるのに、
インターネットを検索していると・・・

ちょいと話が脱線しますが、
マレー鉄道の旅をするときはぜひ参照されるとよいHPがありまして。
コレです。
検索すればたくさんの旅行記で溢れているんですが、
2005年とか2008年の記事が多かったり、HPでも情報改訂が止まってたりして
なかなか最新情報がないのです。しかし、ここは常に最新情報があります。
東南アジアの鉄道事情は変わらないようで、いつの間にか変わってるので、
このようなHPは非常にありがたい。
この時は2015年3月だったか4月が最終更新でしたが、
さらに更新が進んでますね。感服。

で、そのなかに、

・2015年3月掲載の東海岸線運行停止中のニュースに注意してください。

  東海岸線は2014年12月の大水害で大きく被災した
  マレー鉄道東海岸線の再開には2年かかるかもしれない


な・・・なにぃぃぃぃぃぃ!!!!!

こ・・・これは、旅の計画がほとんどオジャンジャマイカorz
今回、そういえば旅の前に下調べしてなかったんですよねー
まぁ、そういう旅なんで、しょうがないんですが(笑

というわけで、結論。
とりあえず、明日、マレー鉄道の駅に行って状況確認して、
コタバルの宿に入ってそれから考えよう(笑


というわけで、寝ます。



グーグーグーzzz



で、朝8:00に起きると、トラン方面への分岐駅、
トンソンジャンクション駅でした。
4時間以上の遅れになってます。

s-IMG_6384.jpg

ここで各車両に給水。

s-IMG_6385.jpg

そしてホームでは駅売りが。
遠くの方で・・・
窓の開く3等車しか相手にしてくれません・・・
停車時間あるのだから、こっちにも乗り込んできてくれてもいいのに・・・
お腹空いた。。。

s-IMG_6395.jpg

s-IMG_6397.jpg

トンソンを発車し、左に大きくカーブを切って
トラン支線と別れます。

s-IMG_6398.jpg

お腹空いたので、早速食堂車に朝飯に。
食べかけですみませんw
カイダーオ(目玉焼き)には魚醤をかけて食べると
美味しいことを発見しました^^

s-IMG_6401.jpg

列車は山間を右に左にカーブを切りながら峠を越えて、
ナコンシタマラートやソンクラーのある
タイ湾側の平野部に抜けていきます。

朝飯を食べ終えて、そのまま列車内探検してみましょうか、と。

s-IMG_6419.jpg

s-IMG_6421.jpg

今回は変則的な編成ですが。

前から
 機関車
 2等冷房寝台 (ナコンパトムで待ちぼうけのすえ増結)
 荷物車 2両 (1両は座席とっぱらった3等車)
 2等冷房寝台 2両 (ハジャイ切り離し)
 3等座席 2両 (もちろん非冷房)
 2等非冷房座席
 食堂車非冷房
 2等冷房寝台 3両 (最後尾は女性&子供専用)
 1等冷房寝台
の13両の長大編成です。

s-IMG_6409.jpg

s-IMG_6413.jpg

3等座席車の様子。
皆さん疲れてますね。そりゃそうか。

近郊用の3等車とは異なるようで、
1両にトイレが、1両に洗面台が設置されてます。
座席指定のはずなので、立ち客はいません。
一度はこれで旅してみるのも・・・とは思うのですが。

で、このとき荷物車と先頭の増結車以外の
全車両の様子見てきたのですが、普通でした。
故障してないな、うん。

s-IMG_6423.jpg

30分ほどで峠は越えて、左にナコンシタマラート支線を
見送ると、ソンクラーの平野に入っていきます。

s-IMG_6427.jpg

ここらへんになると、路盤の状況はあまりよろしくない。
傍らにはPC枕木が置いてあるので、改修する予定なのでしょう。
この改修が終われば、ダイヤもだいぶ安定すると思うのですが。

10時、相変わらずの4時間強遅れでパッタルンに到着です。
ハジャイ前の大きな駅です。

s-IMG_6429.jpg

ここで同室のおっちゃんが下車。
大量の荷物をかかえてるものだから、手伝ってあげましたw

s-IMG_6431.jpg

かなりの乗客が下車していきます。
ほとんどが帰省客ですね。

s-IMG_6438.jpg

ここで普通列車と交換しますが、あっちも遅れているのか、
時刻表で列車を特定できませんね。



同時にこちらも発車します。
最後尾で後展望見てると・・・

s-IMG_6450.jpg

保線要因でしょうか?作業者が出てきた。



そして、延々とついてきます。
1時間くらいでしょうか。
飽きて一度引っ込んで、また見に行ったらいなくなっていました。

s-IMG_6471.jpg

それからさらに2時間、
ビルが見えてくるとハジャイです。

s-IMG_6474.jpg

ハジャイではほとんどの客が降り、
また面白い入れ替え作業があります。
それはまた次回。



posted by DAIG☆ at 19:37| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アジアの車窓から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年05月23日

[タイ]マレー半島周遊編A 〜タイ国鉄はこうして遅延する 〔'15/4/11〜18〕


さて、ナコンパトムに到着したものの、
駅と列車の雰囲気は普通じゃありません。
車掌さんはなんか告知して回ってるし、
駅では構内放送が鳴ってます。
ただ事じゃない雰囲気。
日本ほど殺気立ってませんが。

明日田舎に着くのが遅くなってしまう、どうしてくれるんだ、と、
嘆いている人はいましたけど、すでに諦めてる雰囲気でしたw

s-IMG_6213.jpg

で、同室のおっちゃんが教えてくれたところによると、
機関車だかなんだかが故障したようで、
バンコクから替えのを持ってくるとか。
今出たから、ここまで2時間かかるよね・・・と。

ま、こういうハプニングもタイ国鉄の醍醐味だと思います(笑

s-IMG_6226.jpg

大体状況が分かると、みんな暇を持て余し始め、
ホームも閑散としてきます。

s-IMG_6254.jpg

対向列車をいくつかやり過ごし、
しばらくすると、バンコクを30分ほど後に出発している
ヤラー行きの快速列車が追い付いてきます。

ここで、淡い期待を抱いてみてもいいでしょうか?

まったく同じ方面に行く2つの列車。
こっちは特急。あっちは快速
とすれば、こっちのほうが優先じゃね??
機関車が故障したんだとすれば、とりあえず快速から取り上げればよくね??

s-IMG_6262.jpg

前に行ってみると、おぉぉ!?
こちらの機関車はとっくに外れていて、
快速の機関車も外してます。
これは期待通りか!?

s-IMG_6270.jpg

機関車が入れ替わります。
おおおおぉぉぉ!!タイ国鉄も機転が利くジャマイカ!!!

と、次の瞬間、そんな期待と感心はあっさり裏切られますw

s-IMG_6273.jpg

え???
なんでそっちに入る?

s-IMG_6275.jpg

一方こちらについてた機関車は快速に連結され・・・

s-IMG_6282.jpg

さっさと快速は発車していきました。。。

s-IMG_6283.jpg

俺たちポツネン・・・

さて、まず機関車が故障した説は怪しくなりました。
その後も話を聞いてると、どうやら機関車ではなく、
冷房電源用の発電機関がどうのこうの???
しかしそれなら、なんでここで機関車を交換する必要がある???
謎は深まるばかり。

さて、駅でならいくらでも時間が潰せる私も、
さすがに列車の行き来がないと暇を持て余し始めます。
ちょっと駅前にでも出てみましょうか。

s-IMG_6311.jpg

おっと、電光掲示板なんてありましたか。
タイ語なので何書いてあるかわかりませんが、
37という列車番号、そして18:45という時間が種々の情報と一致するので、
どうやら18:45までは絶対に発車しなそうですね。
安心して駅前に出ることにしましょう。

s-IMG_6294.jpg

ナコンパトム駅。
特記事項なしw

s-IMG_6302.jpg

大きな仏塔が見えます。
ここナコンパトムはインドシナ半島で最初の仏塔が建てられた
と言われる街です。その仏塔かな?

 ※あとで調べたところ、これは後から建てられたものみたい。
  プラ・パトム・チェーディーというそうで。
  原形となるものも保存されているみたい。

s-IMG_6317.jpg

近づいてみた。
厳かな雰囲気もでてきますが、
メンドクサイのでこれで引き返しますw
さすがにゆっくり見る時間はないので。

s-IMG_6318.jpg

駅前通り。
露店で焼き鳥買って腹ごしらえしておきます。

夕ご飯は食堂車で、と思ってますが、
18:45予定ということは、発車はどうせ19:00過ぎるし、
下手すると20:00くらいになるので、
今食べておきましょう。

さて、駅に戻りまして。

s-IMG_6319.jpg

こんな看板見つけた。

 鉄道旅行は 快適で 経済的で 速くて 安心

最初の2項目は同意しますが、
あとの2項目は同意しかねます(キリッ

s-IMG_6313.jpg

s-IMG_6322.jpg

そして、対向列車をさらにいくつかやり過ごし、
後続列車にはどんどん抜かれてゆきます。
日も暮れてきましたね。

s-IMG_6325.jpg

日もとっぷり暮れたころ、
案の定、すでに発車予定の18:45は過ぎていますが、
新たな動きが。

ホームにはシーツ類が山積みになり、
そして遠くから光が。

s-IMG_6326.jpg

ぐんぐん近づいてきます。
バンコクを我が列車のちょうど2時間あとに発車した
トラン行き急行列車です。
どうやら待っていた列車はこれのようですね。

いつの間にか、ホームのある1か所に人が溢れています。

s-IMG_6328.jpg

その急行列車、なんか、
荷物車の前に余分な車両が付いてますね。

s-IMG_6338.jpg

そして、それが外されます。
どうやら、待っていたのはこれのようですね。
機関車ではなく。

しかし、状況が進むにつれて、不可解な点がたくさん。
確認結果も含めてあとでまとめますw

s-IMG_6339.jpg

こちらも受け入れ準備マンタンでげす。

s-IMG_6346.jpg

連結して、

s-IMG_6356.jpg

機関車は戻っていきます。
なぜ?そのままこっち引っ張るんじゃだめなの??

同時にホームにあふれていた人々が増結された寝台車に乗り込み、
シーツ類が積み込まれます。

s-IMG_6360.jpg

そして、快速列車から離脱して
留置されていた機関車が動き出します。

s-IMG_6361.jpg

どうやらまた機関車が入れ替わっている模様。

さて、さすがにそろそろ出発する可能性があるので、戻りましょうか。
機関車交代劇は列車先頭、こちら1等車は最後尾ですので。

s-IMG_6364.jpg

トラン行き急行は、先に発車していきました。

s-IMG_6377.jpg

間もなく、こちらも発車。
この時点で、3時間半ほどの遅れになりました。

s-IMG_6380.jpg

いい加減腹も減っているので、すぐに食堂車へ。
予想通り20:00過ぎましたよ(笑
それにしても、どの列車も同じメニューで飽きてきましたね(笑



さて、今回の出来事を検証してみましょうか。

元々なにかが故障したので代替品をバンコクから運び、
それを待つので遅れる、と告知されていました。
どうやらそれは、寝台車だったようですね。

ここで疑問@。
 乗客はどこから来た???

客車の発電機が故障してその代替車両なら、
今連結されているどれかが故障車両で、乗客が移動しているはず。

 =>そんな車両はなかった!!!
   翌朝確認しましたが、全車両に乗客乗ってました、普通に。

疑問A
 増結車のシーツ類はどこから?

基本的にバンコクでしか積み込めないはず。
全列車、往復分積んで出発しますので。
今回も、この特急にバンコクから積んできていたように見えた。

てことは、代替車両じゃないよね?
なんで車両だけあとから来る?

疑問B
 乗客はどこから?

先の通り、どの車両も乗客乗ってました。
てことは、増結車に乗り込んだ客は、
ナコンパトムで集合したとしか考えられませんが。


私の結論

タイ国鉄はウソを付いた(笑

私の推測に過ぎないですが、
辻褄があうストーリは、これひとつのような・・・

おそらく故障は発生していないでしょう。
そのような気配も状況も皆無でした。
とすれば、増結された車両はなんなのか。
バンコクでつなぎ忘れたんじゃね???

ナコンパトムから団体か、まとまった予約があった。
その分の車両を(臨時に)本来バンコクでつないでおかなければならなかった。
でも忘れたw
シーツ類は手配通りの数。
なんか多いなぁと思ったけど、よくわからないからとりあえず積んでおいたw
 ←部署間の連携や情報共有なんてタイにはありませんので。
  よくわからなかったら、担当の独断で勝手に処置されますw

ナコンパトム手前でそれに誰かが気が付いた。
慌ててバンコクに手配した。
ちょうどトラン行き急行が出るところだったので、
それにつないで運ばせることにした。

でも、忘れましたなんて恥ずかしくて言えないから、
あるいは、責任問題になりそうで都合が悪いから、
故障
(だれの責任でもない、しょうがないこと)したので
バンコクから運んでます、と案内した。


ま、故障だって、整備不十分の管理責任問われそうなものですが、
そこまで考える人はいないようでw
同室のおっちゃんは、出発前に点検してねーからだろまったく、
と怒ってましたが(笑
ま、あなたも騙されてますよ、とwww

タイ人気質も考えたら、たぶんこんなところでしょう。
面白いですね^^ 日本じゃ有り得ない。
貴重な体験ですw

ひとつ疑問が残ります。
快速と機関車を入れ替えたのはなぜ???
増結した分で牽引定数がどうのこうのなんて話?
残念量の関係???
これはわからずじまい。


さ、長くなりました、旅をつづけましょう。
まだハプニングがありますよ。
これは完全に私の情報取集不足でしたがw

posted by DAIG☆ at 19:52| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アジアの車窓から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。