2015年07月29日

[タイ]マレー半島周遊編O 〜名残惜しく 〔'15/4/11〜18〕


本日はハノイ駅前の喫茶店からお送りしております。
列車まで3時間の時間をつぶし、あと2時間。

=====

マレー半島の旅もこれで終わりです。
あっと言う間ですね、一週間。

途中夜中に、やたらとガッシャンガッシャンと
連続衝撃があり起こされます。
連結のドッシャーンを激しく繰り返してる感じ。
外を見るとやたらとゆっくりは進んでます。
結局何が起きてるのかわからず、諦めて寝ます。
寝れましたw

s-IMG_7979.jpg

そして、朝8時頃に起きると、
何事もなかったように走ってます。
いったいあれはなんだったのでしょう・・・謎。

しかし、ずいぶんと遅れてます。
せっかく定時ぐらいでハジャイを出ていたのに、
しっかり2時間オーバーの遅れ。
まだホアヒンの手前を走ってるようですね。
バンコク着くの、昼過ぎか・・・

s-IMG_7983.jpg

最近、朝飯はこればっかり!
魚醤をカイダーオ(目玉焼き)に掛けると
とてもおいしいことを発見してます!

s-IMG_7995.jpg

ラチャブリでは、同席の老夫婦が
名物の・・・名前忘れたw を大量購入。
周りにおすそ分けをしてますが、
私は酢が苦手なので、遠慮しました。
周りはみんなでパクパク食べてます。

s-IMG_8012.jpg

s-IMG_8005.jpg

すっかり昼を回ってお腹が空いたころ、
バンコク市内に入ります。

いろいろと工事が進み・・・進んでるの?
工事している気配はありますが・・・
いつになったら何が完成するのでしょう。
いまいちわからない。

s-IMG_8019.jpg

恒例のバンスーの大カーブを抜けて、
バンスーで半分くらいの客を降ろし、

s-IMG_8048.jpg

本日は3複線の一番左からフアランポン駅に進入するようです。
この振り分けがまたよくわからない。

s-IMG_8077.jpg

4番線に到着です。

s-IMG_8082.jpg

すぐに列車の後片付けが始まります。
シーツ類が放り出されます。

s-IMG_8090.jpg

エアコン等の電源の給油のスタンバイもOK。

s-IMG_8091.jpg

この姿を見ると、いつも寂しくなりますねw

s-IMG_8105.jpg

コンコースに出ると、まだまだソンクランムード。

あれ?
電光掲示板が・・・
消えてますね。到着時間等を表示してたのですが。
LEDの色抜けが激しくて、カラフルでしたがw

s-IMG_8107.jpg

と思ったら、アナログ化されてました。

s-IMG_8108.jpg

うちの列車は・・・ぉぅぃぇ。
スンガイコーロク発はもっとぉぅぃぇ。

で、やっぱり名残惜しいので、ホームに戻りますw

s-IMG_8110.jpg

ちょうど列車がはけたところでした。
大量のシーツをホームに残し。
係員が必死に仕分けとまとめをしてます。

s-IMG_8134.jpg

最終的にはカートに山積みにされて、

s-IMG_8135.jpg

集合。
1日の全列車分をまとめて、
駅裏からトラックで搬出してるみたいです。
クリーニングに行くのでしょう。

さ、帰りましょう。
後ろ髪を引かれつつ。

s-IMG_8140.jpg

MRTへの途中に、ソンクラン特別ダイヤの掲示板が。
ソンクランも臨時列車あるんですね。

マレー半島周遊編、おわり。



posted by DAIG☆ at 22:17| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アジアの車窓から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月26日

[マレーシア]マレー半島周遊編N 〜バンコク行き国際特急 〔'15/4/11〜18〕


本日は、プノンペンからお送りしております。
といっても、ブログのどこかに現在地が反映されるわけでもなく。
本日の様子は、2か月ほど後に投稿されることでしょう(汗

===

というわけで、旅行たぶん7日目。
最後の皇帝行程ですね。

ペナン島からバタワースに帰還し、昼過ぎのバンコク行き国際列車、
タイ国鉄では36列車寝台特急でバンコクまで一気に戻ります。

s-IMG_7859.jpg

フェリーを降りて、駅へ。
まだ列車は入線していないみたいですね。

遅延常連のタイ国鉄南線を下ってきて、
昼頃に着いて、取って返して1時半発のダイヤなのだから、
まぁ、時間通りに来るわけないですねw

それにしても、いろんな時刻表にいろんな時間が書いてあるから、
どれが正しいのやら。。。
タイ時間とマレーシア時間がありますけど、
どっちで書いてるのかもハッキリしていただきたいところw

先ほど書いた時間は、マレーシア時間での話、のはず。

s-IMG_7862.jpg

そして1時前に駅に着いてから、
かれこれ1時間半ほど待って、やっと到着した模様。
すでに午後2時過ぎ、出発時間を1時間ほど過ぎようとしています。

s-IMG_7866.jpg

見慣れた車両が、高床ホームに止まるという
見慣れない姿で待ってます。

s-IMG_7872.jpg

機関車もいつものやつですね。
いつもといっても2回目ですが(笑

s-IMG_7878.jpg

s-IMG_7890.jpg

そして、やっぱり時間ないんですねw
すぐに乗車してすぐに発車しました。

そして新(?)本線に合流。
元々はバタワース方面とパダンプサール方面へ
Y字だったようで、スイッチバックしていたみたいですが、
今はΔになっています。(運用はまだかな?)
電化の本格運用が始まったら、どのような運行体系になるんでしょうね。
ETSばっかりで、客車列車なくなっちゃったりして・・・

s-IMG_7875.jpg

発車した時にはごらんのとおりガラガラでしたが、
マレー鉄道内の区間利用が多いんですね。
停車駅の旅に乗り降りがありました。
そしてパダンプサールで、バタワースから乗った人以外
みんな降りてゆきました。

さて、列車は1時間遅れで発車してますので、先を急ぎます。
が、ものの1時間も走ると、ほとんどオンタイム。
後半は時間調整で5分以上の停車が増えます。

う〜ん、新線恐るべし。
ま、タイ国鉄も線路引き直しただけで定時運行になりましたしね・・・

s-IMG_7897.jpg

というわけで、時刻表上3時間以上かかることになっている
パダンプサールに2時間半ほどで到着。

s-IMG_7902.jpg

まずはとにもかくにも出入国手続きです。

s-IMG_7907.jpg

手続きはものの10分とかで終わってしまいますので、
あとは・・・やたらと暇です。

ここでの停車は出入国手続きのためだけではございませんで、
かならずここでタイ国鉄とマレー鉄道のそれぞれの国際列車が
1日に2回、往復分ですね、交換するようにダイヤが組まれてます。
で、機関車が入れ替えられて引き返す、というパターン。

そんなわけで、向こうからマレー鉄道のKL行きが来ないことには
こちらは1歩も動きません。暇です。

駅の向こうでは、貨物トラックがひっきりなしに、、、
というか大渋滞で出入りしています。
せっかく鉄路がつながってるのに、タイ国内はトラックで輸送して、
ここから貨物列車に乗せ換えてマレーシア内を運んでるのでしょうか。
まぁ、あのタイ国鉄の路線じゃぁ・・・ねぇ・・・
日通なんかは列車でも頑張っているようですが。

s-IMG_7910.jpg

タイ国鉄の給仕のおばちゃんが国境の向こうから
線路を伝ってやってきました。
今まで車内にいた人はやっぱりKTMの人のようで。

s-IMG_7923.jpg

1時間ほどして、やっとKL行きがやってきました。

s-IMG_7931.jpg

早速に機関車は外されて、こっちに回送されます。
このあと長大編成に改組されて、KLに向かうのでしょう。

s-IMG_7935.jpg

荷物車が連結されるので、荷物を積み込む準備が
ちゃんと!できてますね。

s-IMG_7942.jpg

側線に置いてあった荷物車と、
あら、食堂車もここまで来るようになったのですか、
こちらに連結です。
こちらはハジャイで残りの編成とは合流です。

s-IMG_7939.jpg

あちらさんも、すぐに発車準備が進みます。

s-IMG_7947.jpg

私の夕飯はと言えば、マレー鉄道内で注文取りに来たので頼んでみたら、
パダンプサール到着後お弁当が配布されました。
これはこれで、暇な時間を潰してくださいということでしょうけどw

しかし、連結の衝撃でスイカが倒れてるw

s-IMG_7948.jpg

いつもの食堂車飯は飽きたので、ちょうどよかったですね。
ご飯も暖かくてよかった^^

s-IMG_7946.jpg

こちらは荷物を積み込み終えると、発車です。
やっと発車ですね。
でも、どうやら時間通り、のようです。
もう少しバタワースの出発を遅くしてもよさそうですが。



国境を越えます。
川があるわけでなく。鉄条網でココとわかりますが。
その後一旦停車し、タイ国鉄内のみの客が乗り込みます。

s-IMG_7956.jpg

そして、1時間ちょっと、日もすっかり暮れたハジャイに到着。
ここで、編成を継ぎ足して、バンコクに向かいますが、
やっぱり面白いハジャイの取り回し。

  B番線
  [島ホーム]
  A番線
  @番線       =>バンコク
  [駅舎のあるホーム]

となってますが、まずはA番線に入線。
36列車のハジャイ発御体は@番線で待機中。

 [2等寝台][2等寝台][食堂車][荷物車][機関車]

という編成できましたけど、

s-IMG_7958.jpg

すぐに、後ろから機関車+バッファー車やってきます。

s-IMG_7959.jpg

前方では、機関車と荷物車が外されて、
これは@番線の御体の先頭に繋がれるのでしょう。

s-IMG_7964.jpg

そして我ら3両は一度パダンプサール方に引き出され、
@番線に改めて侵入。

s-IMG_7970.jpg

その頃、B番線では、我らの前に発車するはずの
スンガイコーロクからの38特急列車が何をやっているのやら。
こちらも増結作業しているのかな?

s-IMG_7974.jpg

そして御体にドシャーンと連結。
後ろの機関車とバッファー車外して、
前から機関車と荷物車がドッシャーンと繋がって、準備完了。

 [マレーシアからの2等車と食堂車][ハジャイ編成たくさん][荷物車][機関車]

となりました。1等車は先頭。
すぐに出発です。

なんだかんだで、もう21時ですよ。。。
よかった、夕飯済ませておいて。
さっさと寝ましょう。
旅の最後のゆりかごです。

posted by DAIG☆ at 23:09| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アジアの車窓から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月19日

[マレーシア]マレー半島周遊編M 〜ペナンヒルdeダウンヒル 〔'15/4/11〜18〕


まずは、朝ごはん。
腹が減ってはなんとやら。

s-IMG_7653.jpg

s-IMG_7661.jpg

フェリーターミナル近くの食堂で、
またまたロティチャナイ!!
おいしいわぁ。。。^^ やみつきです。

s-IMG_7663.jpg

そして“Rapid Penang”204系統でペナンヒルに向かいます。
ターミナルに着いたらちょうど出ちゃったのですが、
10分くらいしたらすぐに次のがありました。
ペナン島観光には路線バスがよいようです。
30分ほどで2RMだったかな?
70円くらいです、安いですね。

ちなみに、KLの公共交通(バス、LRT、モノレール)を運行している
政府出資会社ラピド・KLの子会社だそうです。
マレーシア中、ラピド・なんちゃらになるのでしょうか?
マレーシアはいろんな事業を国が牽引してますね。

s-IMG_7674.jpg

s-IMG_7680.jpg

s-IMG_7683.jpg

車窓には右に左に、真っ白な西洋風の建物が並びます。
マラッカ海峡沿岸は、アジアだけどアジアじゃない感じですね。

s-IMG_7667.jpg

バスの車内は、平均で着席率50%くらいでしょうか。
街のおばちゃん、中国人観光客、
通勤通学客、そんな人たちでした。
普通の路線バスです。

s-IMG_7707.jpg

20分ほどで山の麓に。
この山がペナンヒルかな?

s-IMG_7712.jpg

山麓部にはマーケットがあるようで賑わってます。

s-IMG_7716.jpg

タイ・中国・ビルマの3様式が混在するお寺、
極楽寺だそうです。
中国人観光客はここに降りていきました。
私は、この写真で十分ですw

s-IMG_7720.jpg

そして、山肌に貼りついた線路を発見!
これですねー。ワクテカ。

s-IMG_7723.jpg

そして、ペナンヒルケーブルカーの山麓駅に到着。
新しく整備されてます。

s-IMG_7726.jpg

チケット買って中へ。往復で30RMです。
すごい角度で線路が伸びてます。

s-IMG_7736.jpg

ヨーロッパ風?のモダンな車両です。

s-IMG_7743.jpg

先頭部を陣取って、発車!

語呂的には「発車!」じゃなくて「出発進行!」なんですけどね。
どうもそれを許さない自分がいてこそばゆいw

s-IMG_7750.jpg

元々2系統を乗り継いで山頂まで行っていたようですが、
現在は1本に繋がれてます。
旧駅に降りれないのかな?興味津々。

s-IMG_7754.jpg

そのすぐ上が上下線のすれ違いポイント。

s-IMG_7756.jpg

途中駅もあったりしますが、止まりませんでしたね。
でも、なんでもないところで止まってたりしたので、
下り線が途中駅に止まっていたのか・・・?

s-IMG_7758.jpg

旧線のすれ違いポイントには、
旧時代の車両が展示されてます。

s-IMG_7763.jpg

s-IMG_7765.jpg

そして山頂駅に到着。
平日の朝っぱらなんですが、
けっこうな入りですね。

s-IMG_7780.jpg

山頂駅。
写真は次の列車です。

s-IMG_7775.jpg

展望台へ向かう途中、
跨線橋を渡りますが、雄大な眺めが!

s-IMG_7770.jpg

この日は、朝もやがかかった感じで、
ちょっとスッキリしない展望でしたが、
それでも絶景!

s-IMG_7798.jpg

そして下り。
何が何でも先頭部の席を確保すべく、
1列車やり過ごして、タイミングを見計らって並びますw

s-IMG_7800.jpg

中国人観光客と争奪戦の末、なんとか確保(笑



クライマックスの最大傾斜区間の映像をお楽しみくださいませ。
そこで周りからも歓声が出ます。
エレベータで降りるときみたいな、ふわっとした感じがあります。



全線の様子は人様の映像でどうぞw



ちょいとおまけ、また人様の映像ですが。
乗り換え時代の映像を見つけました。
比較的最近まで乗り換えだったみたいですね。
施設のほとんどが今と変わらない。

s-IMG_7812.jpg

そして麓に到着。
なんでホッとするんでしょうね(笑
天上界から帰ってきた気分w

またバスでフェリーターミナルまで戻って昼前。
ちょうどよいですね。バタワースに戻ります。

s-IMG_7823.jpg

そのまえに、念のために食料を手に入れておこうと。
しかし、日本みたいにどこにでもコンビニがあるわけで無し。
しばし歩くと、ガソリンスタンドの中に売店がありました。

そのガソスタからの景色。
中国人移民の水上住宅だそうです。
こんなところもあるんですね。

s-IMG_7829.jpg

s-IMG_7838.jpg

フェリー待ちの間にパンとかお菓子でちょこっと腹ごなし。
そして出航です。
さ、タイに、バンコクに戻りましょうか。

posted by DAIG☆ at 01:52| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アジアの車窓から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月18日

[マレーシア]マレー半島周遊編L 〜ペナン島へ 〔'15/4/11〜18〕


さて、1年ぶりのマレー鉄道です^^
wktkwktk!
列車はパダンプサールから国境をこえて、
ハジャイまで行く国際列車です。
去年はこれでハジャイまで行きました。
今回はこれでバタワースまで行きます。
そこからバンコク行きのタイ国鉄特急列車に乗り継ぎます。

s-IMG_7512.jpg

まずはとにかく列車の先頭へ!
今日の列車はずいぶん長いですね。
それでもほぼ満席の様ですよ。
寝台取れませんでしたから。

s-IMG_7517.jpg

続々と客が乗り込みます。
現地の人はもちろん、バックパックのファランや
中国人観光客、多国籍列車です。

s-IMG_7527.jpg

それから後方に取って返して、
私の乗る車両はだいぶ後ろの方。

s-IMG_7528.jpg

あれ?なんか厚みのある座席ですよ?
2等クラスが取れてたのかな?
でも私の席は進行方向逆向きです。
ま、寝るだけなので気にしませんが。

s-IMG_7530.jpg

今日の席は、ちゃんと机が付いてました。
周りを見渡すと、付いてなかったり、
付いてても傾いてて使いもにならないのとか、
相変わらずですがw

s-IMG_7537.jpg

KLから7時間半。バタワースに到着。
電気は消えないし、乗客の乗り降りも頻繁だし、
なかなか寝付けずウトウトし、
やっと本格的に寝落ちしたころに到着ですw

結構たくさん降りますね。
一度降りて体をほぐす人も。

s-IMG_7543.jpg

スイッチバックなので、機関車の入れ替えです。
電源車は初めからこちらに繋ぎっぱなし。
ハジャイまで連れてくので、こちらに繋いでおかないと。

s-IMG_7550.jpg

連結完了しても、しばらく機関車の点検してます。
停車時間は20分ほど。

s-IMG_7538.jpg



ホームの反対側では、
貨物の入れ替えが行われてました。



そして発車。
パダンプサール=>ハジャイまで
いってらっしゃいませ。

機関車重連+電源車+客車13両の長大編成でした。

s-IMG_7567.jpg

去年はまだ工事中でしたが、
新しい駅舎が完成したようですね。

s-IMG_7574.jpg

新駅舎コンコースへ。
ベンチがあるので、ここで夜が明けるまで仮眠します。
現在5時です、あー眠っ(´Д⊂ヽ

s-IMG_7575.jpg

1時間ほどで夜が明けます。

s-IMG_7588.jpg

ホームには8時頃だったかな?発の
ウッドランズ(シンガポール)行きが入線してました。

 ※今はもうウッドランズまで行かないみたいです。
  ジョホールバル止まりになったようです。

s-IMG_7584.jpg

新駅舎。
去年のバラックの仮駅舎は跡形もなく。

s-IMG_7586.jpg

駅前のロータリーだったところが
(暫定の?)バスターミナルになっています。

s-IMG_7596.jpg

去年あったバスターミナルは跡形もなく。

そういえば、駅前に飾ってあったSLはどこへ行った??

s-IMG_7595.jpg

さて、ペナン島に渡りましょう。
昼過ぎのバンコク行き国際列車36列車に乗る予定です。
午前中はペナン島をブラブラしようかと。

s-IMG_7599.jpg

往復で1.2RM。40円くらいですかね。
ペナン島行に乗る時だけ券売所と改札があります。

s-IMG_7601.jpg

2つゲートがあって、数隻のフェリーが
ピストン運行しているようですね。

s-IMG_7604.jpg

客室はありません。
2階車両航送甲板の真ん中が客室スペースになってます。
乗客のほとんどが通勤客かな?

s-IMG_7617.jpg

片道20分の旅です。
早朝の静かな海、気持ち良いですね。

s-IMG_7631.jpg

去年も居ましたね。
見るからに豪華客船。
“スーパースターヴァーゴ”という、
アジアを中心にクルーズしている客船のようですね。

s-IMG_7632.jpg

もうすぐペナン島・ジョージタウンに接岸。

s-IMG_7638.jpg

s-IMG_7644.jpg

そして上陸。
フェリーターミナルのすぐ前がバスターミナルです。
近くで朝飯でも食べて、まずはジョージタウンを一望できる
ペナンヒルに行こうと思います。

ま、主目的は展望よりも、とある乗り物ですが(笑
posted by DAIG☆ at 16:25| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アジアの車窓から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年07月12日

[マレーシア]マレー半島周遊編K 〜KTMコミューター(3)ペラブハンクラン 〔'15/4/11〜18〕


KLから南下、本線から右に分かれて西へ。
ペラブハンクラン、英語だとポートクラン、
日本語だとクラン港駅へ向かいます。
しばらくは郊外の住宅街を各駅停車で進みます。

s-IMG_7447.jpg

s-IMG_7450.jpg

基本的には、もしくは元は貨物線なんでしょうね。
港への路線ですし。
途中に操車場やKTMの整備場があったりします。

だんだん鶴見線あたりに乗ってるような気分になってきます(笑
(※注:私は乗ったことありませんwイメージですw)

s-IMG_7459.jpg

KLから1時間ちょっと。
左に大きくカーブを切って、
終点、ペラブハンクランに到着です。

s-IMG_7462.jpg

s-IMG_7465.jpg

s-IMG_7468.jpg

旅客線はココ止まりですが、
側線(貨物線)は港湾内に伸びてます。
使ってるのかな??って感じですが。

s-IMG_7473.jpg

小さな果ての終着駅です。
でも、乗降客はかなり多い。
この後すぐに理由が分かりました。



s-IMG_7476.jpg

s-IMG_7478.jpg

駅を出て線路を渡って正面が海。
それを左に1〜2分歩くと、客船ターミナルが。
インドネシアへの国際連絡船が出ているようです。
でも、歩き方をはじめ、ガイドブックに載ってないんですよね・・・
外国人は使えないのかしら??

なるほど、こんな果ての港の小さな駅で乗降客が多いわけですね。
インドネシアに向かう人、から来る人、鉄道利用も多いようです。

s-IMG_7482.jpg

どちらかと言うと海かと思いますが、
クラン川河口の汽水域かもしれません。
マラッカ海峡まではまだだいぶ距離があるようですね。

海の向こうに陸地が見えますが、インドネシアではありません(笑
島です。島と言うか、中洲?

s-IMG_7483.jpg

s-IMG_7484.jpg

さて、結局昼飯を食べそびれている私。
さすがに腹が減って、、、とそこへすごいいい匂いがしたんですよ。
もう、フラフラフラ〜っと誘われましたw

ほとんどインドカレー+ナンですが、
ナンがちょっと違います。
石窯で焼くのではなく、鉄板でバターで焼いているみたいで
甘く香ばしい感じ。
これは・・・メッサウマい!!
ロティチャナイ、かな?これはハマりました。

s-IMG_7489.jpg

さて、帰りはクラス83。
夕方のこの時間、3両編成だとちょっと容量不足・・・
ほぼ満席で出発。

s-IMG_7492.jpg

しばらくすると、どんどん混んできます。
夕方なので、KLに向かう上り方向だから空いてるかなと思いきや。

s-IMG_7494.jpg

1時間ほどで、本線と合流。
だいぶ日も傾いてきましたね。

s-IMG_7500.jpg

18:00頃、KLセントラルで下車。
今日も通勤時間帯の帰着。
帰宅客で混雑していますが、きちんと整列乗車がなされてます。
こんなところもマレーシアは良い印象です。
タイと違ってw

s-IMG_7501.jpg

この後、バタワースに向かいますが、
列車まではまだ3時間以上あります。
電光掲示がイポー行きになってるので駅員に聞いたら、
ちゃんとバタワース行だよ、と。

s-IMG_7502.jpg

ゆっくり夕食でも食べることにします。
また日本食www
去年開業直前で気になってた店なんです。
美味しかったけど、、、値段のわりに高い!w
ここまで出すなら、もっと出して海宝丸行きたい(笑

s-IMG_7503.jpg

出発時刻の1時間ほど前になったら、
待合広場に移動します。
この雰囲気は何度でもよいですねぇ^^

s-IMG_7506.jpg

そして乗車時間wktk

s-IMG_7507.jpg

やっとKTMインターシティ、マレー鉄道列車にありつけます!

posted by DAIG☆ at 14:06| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アジアの車窓から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。