2015年11月21日

[ベトナム]インドシナ半島周遊記G 〜統一鉄道2日目・ダナン折り返し 〔'15/7/25〜8/1〕


s-IMG_0755.jpg

20分停車するみたいなので、外に出てみましょう。
なんでそんな長い時間??と思いながら。

s-IMG_0756.jpg

ダナンは中越の中心都市なのでしょうか、
ずいぶんと乗降客があります。
そして、前方で機関車が外されてます。交換??
そして、明らかに行く道がない、行き止まり。

s-IMG_0758.jpg

振り返ると、後方に別な機関車を
取り付けようとしてます。
進行方向が逆になるみたいですね。

s-IMG_0759.jpg

横向くと売店が並んでます。
ちょうどお昼前、腹が減りました。
お弁当でも買いましょうか。
好きなおかずを盛ってもらえます。

s-IMG_0760.jpg

車内に戻って早速食べます。
食べかけの写真ですみませんw
柔らかく煮込まれた鶏肉、
菜っ葉の炒め物、美味しゅうございます。

s-IMG_0762.jpg

昼ごはん食べつつ、列車は出発。
逆向きに進みます。

s-IMG_0766.jpg

さっきと同じと思しきところで列車交換し、
さらに進むと二股を右に。
左に分かれるのがホーチミン方面ですね。

s-IMG_0767.jpg

すぐに右から合流してくる線路が。
ほう、三角線になってるんですね。
貨物はダナンによらずに直行するのかな?



こんなレイアウトのようで。
駅の手前で列車交換するのがわかるようなわからないようなw

s-IMG_0775.jpg

折り返したので、逆向きの席になっちゃいました。
タイのディーゼルは転換式ですが、マレー鉄道は固定式。
そういえば20-30年前は日本の固定式残ってましたよね。
200系新幹線の3人掛けとか。
転換式のリクライニングシートがいかに贅沢か実感しますw

s-IMG_0776.jpg

雨がポツポツ降り始めます。
元々どんよりした空模様ですが。

s-IMG_0781.jpg

さて、これからダナン-フエ間の名所、
ハイヴァン峠越えです。
窓の開かない冷房車にいてもつまらないので、
後方(になった)3等車に遊びに行きましょう^^

s-IMG_0784.jpg

向こうにダナンを望む海岸線に出ます。

s-IMG_0785.jpg

金網の施設が、、、軍?
左手には岩山が迫り、そんな雰囲気ですが。

s-IMG_0788.jpg

そしてその岩山に突っ込みます。

s-IMG_0790.jpg

長いトンネルです。
真っ暗です。

s-IMG_0794.jpg

車内も真っ暗です。
車内灯がマニュアルなので、
誰かが点けないと真っ暗です。

s-IMG_0796.jpg

トンネルの出入り口には必ず番所がありますね。

トンネルを抜けて、いよいよハイヴァン峠越えです!

つづく。



posted by DAIG☆ at 12:03| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アジアの車窓から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月08日

[ベトナム]インドシナ半島周遊記F 〜統一鉄道2日目・南越北上 〔'15/7/25〜8/1〕


s-IMG_0607.jpg

朝5時過ぎ、寝たのか寝れてないのか
よくわからないうちに目が覚めます。
朝焼けがきれい。

s-IMG_0609.jpg

いつもの夜行列車の旅だと、
あと長くても数時間で終着してしまいますが、
今回はまだ1日以上残ってます。ふひひw
うれしくなっちゃいますね^^

s-IMG_0610.jpg

6時が近くなると朝焼けも収まり、
どんよりとした空模様に。

s-IMG_0612.jpg

車内もどんよりw

s-IMG_0625.jpg

s-IMG_0626.jpg

統一鉄道はほとんど海沿いに北上しますが、
たまに内陸に入って山がちになります。

s-IMG_0627.jpg

でも、ずっと田園地帯。
タイよりは日本の田園風景に似てますね。
でも品種はインディカ米だと思いますが。

s-IMG_0628.jpg

7時半ごろ、車内販売で朝ごはんを売りに来ました。
おかゆです。おいしー^^

s-IMG_0629.jpg

食べ終わったおかゆの器を捨てようとしたら・・・
ゴミ箱がオーバーフロー。
さらには水道の排水が詰まってるらしく、
水場もオーバーフロー・・・
列車が揺れるたびにバシャーっと溢れますw
乗務員さんが、ちっちゃな器で
組みだして車外に捨ててます。
でもすぐに誰かが水道使うから焼け石に水w
自分の席のところまでは水浸しにならなかったので、
よかったw 危ういところでしたがw

s-IMG_0640.jpg

s-IMG_0643.jpg

鉄橋を渡りますが、川?
河口付近の干潟と言うほうが正しい?

s-IMG_0645.jpg

さて、座り疲れたので少し散歩でも。
隣の2等冷房車。(私も冷房2等)
似たようなもんですが、座席が布ですね。
それから天井が低い。

s-IMG_0650.jpg

こちらは冷房3等車。
各国あまりない設定ですかね。
木のシートだと非冷房ばかりなので。
そんなわけで中途半端なんでしょうか。
乗客は少ないですが、その分のびのびと寝てます。

s-IMG_0655.jpg

そして、非冷房3等。
こちらはやっぱり盛況でした。
ベンチシートに寝てる人。
床にゴザ敷いて寝てる人。
外からイス持ち込んでる人。
荷棚に寝てる人はいませんでしたね。
さすがにこれで40時間は堪えるだろうなぁ。
体が贅沢に慣れてますから。。。

s-IMG_0649.jpg

私の車両はどこもかしこも窓が全然開かないのですが、
前のほうに行くと開きます。
この写真は冷房3等車のデッキかな。

やっぱり外の風は気持ちいい!

s-IMG_0657.jpg

そして先頭に食堂車。
食堂車?
営業してるのでしょうか?
乗務員さんが屯してますが。
結局遠いので、来ませんでした。

s-IMG_0659.jpg

3等車にも水のサービスがありました。
うちらの2等車は冷温水のサービスあります。
なので、カップ麺持ち込んでる人多いです。

s-IMG_0611.jpg

汚い写真で恐縮ですが。
ちなみに車内は禁煙なので、
デッキでこっそり吸ってるようです。
それはさておき、走行中はちゃんと閉めてるんです。
しかも鍵かけてあります。
で、駅に着いても必要な乗降客のある
必要なドアしか開けてくれないんです。

s-IMG_0664.jpg

たまたま散歩中の停車駅で、
降りる客がいたようで、外の空気吸えました。



ちょうど行き違い列車がありました。
かっこいー^^

s-IMG_0681.jpg

出発。
あれ、機関車が出発のときと違いますね。
何回か交換してるかもしれません。
あの赤いので引かれた列車も見ないし、
ホーチミンの街中だけあれだったのかな?

s-IMG_0690.jpg

しばらく窓の開く車両で
ベトナム国鉄の風を楽しみます^^

s-IMG_0693.jpg

相変わらずどんより田園風景が続きます。
でも、明らかにタイとは違いますね。
ベトナムは熱帯じゃないのかな?温帯なのかな?

s-IMG_0703.jpg

草木の感じも南国感があまりありませんね。

s-IMG_0712.jpg

駅でもない側線で貨車から荷卸ししてます。
まだまだ鉄道が小口輸送でも活躍してます。

s-IMG_0739.jpg

予定より30分ほど遅れてます。
11時頃、ダナンの街中に。

s-IMG_0746.jpg

ダナンの駅に進入する前に列車交換が。
なんで?とこの時は思いましたが、
あとでわかったようなわからないような。

s-IMG_0747.jpg

そして車内がにぎやかになります。
降車客がたくさんいるようです。

s-IMG_0752.jpg

11:15、ダナン着。
ここまで20時間、ちょうど半分ですね。

posted by DAIG☆ at 20:02| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アジアの車窓から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年11月01日

[ベトナム]インドシナ半島周遊記E 〜統一鉄道1日目・出発 〔'15/7/25〜8/1〕


15:00、TN4列車がハノイに向けて、
ホーチミンはサイゴン駅を定刻に発車です。

s-IMG_0453.jpg

なぜか、TN4列車だけ、時刻表が別に張られていました。
新しく設定された列車なのでしょうか?
ハノイまで41時間。明後日の朝の到着です。
速い特急列車は30時間ほどだったはず。
TN4はいちばんのんびり行く、列車の様です。

s-IMG_0552.jpg

s-IMG_0551.jpg

出発してしばらくは、ホーチミンの街中の
軒先を抜けてゆきます。

s-IMG_0559.jpg

サイゴン川、かな?

s-IMG_0561.jpg

s-IMG_0564.jpg

出発から15分ほどで、郊外感が出てきます。

東南アジアに都市はいっぱいありますが、
どこも30分とか、長くても1時間も行けば、
郊外、あるいは田舎になっちゃいます。
2時間走っても行っても住宅街が続く東京って、
異次元だなぁと思うわけです。

s-IMG_0567.jpg

この列車、ちょこちょこ長い停車があります。
ここら辺の区間、1日10往復ほどの列車がありますして、
単線ですので、列車交換するわけですが、
やっぱり下等列車が待つダイヤになっているようで。

時刻表通りに運行できないタイは上級列車が延々と
待つこともしばしばですが、
定刻運転のベトナム国鉄はちゃんとダイヤ通りのよう。

s-IMG_0570.jpg

一方車内。
みなさん寛がれてますが、時代ですね、
スマホいじってる人が多い。

車内販売もちょこちょこ通ります。
日本ほど充実してないですが、
ちょっとした腹ごしらえと飲み物には不自由しません。

s-IMG_0578.jpg

ホーチミンから1時間2時間も走ると、
農村地帯です。

s-IMG_0582.jpg

出発から2時間の17:00ごろ、
Dau Giay駅だったかな?
声調記号省いてます。読めません。。。

突然大量の人が大量のランブータンを抱えて乗り込んできます。
そして、みるみるうちに売れて聞きます。
あっという間に車内がランブータンだらけにw

s-IMG_0583.jpg

ランブータン農園の中に駅があったみたい。
有名なんでしょうね、みんなこぞって買ってたので。
列車が出発してもまだ商売終わりません。
最後には動く列車から飛び降りていきました。

s-IMG_0588.jpg

さらに30分ほどで、おしゃれな駅で待機。
こんな雰囲気の駅舎が多いですね。
いつまでも残してほしいものです。
日本とかマレー鉄道とか、近代化しちゃうと少し寂しい。



こんな長大列車がホーチミンまで5往復。
近郊も入れて10往復してます。
The鉄道、て感じw (意味不明

s-IMG_0593.jpg

18時も過ぎると、薄暗くなってきます。
車内の電灯は・・・客自ら点けます。
なので、まばら。

s-IMG_0595.jpg

夕飯は車内販売で。
温かいご飯にその場でおかずを乗せて
渡してくれます。
いくらだったか忘れちゃいましたね。
数千ドンとかだったかな。

インドシナ半島を東進すると、
料理は炒め系から煮込み系になっていきます。
日本人には(私には?)煮込み系のほうが合いますね。

s-IMG_0594.jpg

19時も近づいて、すっかり日が暮れます。

s-IMG_0598.jpg

夜の駅。
駅名の赤い電光表示がいい味です。

s-IMG_0600.jpg

乗客みなさまの腹も落ち着いて、
だんだん寝る人が増えるとともに、
電灯が落とされていきます。
常夜灯もありますので、常夜灯だけ残す人と、
全部消す人と、まばらになりますw

s-IMG_0604.jpg

夜中に雨が降り始めました。
明日は雨模様かな。

posted by DAIG☆ at 20:07| バンコク | Comment(0) | TrackBack(0) | アジアの車窓から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。