2014年05月14日

[タイ]マレー半島縦断往復編B 〜国境へ 〔'14/4/13〜19〕


2日目、マレー半島に朝日が昇ります。

s-IMG_2466.jpg

s-IMG_2480.jpg

晴れてくれてサンキュー!
気持ちの良い朝です。

時間は6時ごろ。
鉄道に乗ってると、スパッと起きられますね!w

時刻表上だと、ハジャイ到着まであと30分ほどですが・・・
しかし、グーグルマップで見ると、
どうみてもあと30分で着く距離ではありません。
1時間ちょっと遅れている模様。

s-IMG_2482.jpg

7時ごろになると、寝台の片付けが始まります。
車掌さんがまたひとつひとつ直していきます。

s-IMG_2484.jpg

寝台が上がったところで、朝食。
昨日頼んであった朝食セットがきます。
ま、それなりですw

ちなみにお値段は夕食250B、朝食100Bほど。
あまり安くないですネ。

8時が近づくころに、原野の中からビルが見えてきます。

s-IMG_2486.jpg

たしかタイ第2の都市、ハジャイ。
表記はHATYAI(ハートヤイ)ですが、みんなハジャイと発音してます。

s-IMG_2490.jpg

乗客のほとんどがここで降ります。
まぁ、前方の2両を残してハジャイ止まりですので、当たり前ですが。。。
その国境を超える2両の乗客も半分以上ハジャイで降りてしまいます。
車内ガラガラ・・・

さて、ここからがちょっと面白い車両運用。
後部車両を切り離してそのまま行くのかと思いきや・・・

とりあえず、駅到着後の状態。

    ホーム                
[ハジャイ止まり][バタワース行2両][荷物車][機関車]  =>スンガイコーロク、
                                        パダンプサール方面


ここから、不思議な解結作業が始まります。

s-IMG_2492.jpg

まず、荷物車だけ切り離します。

    ホーム                
[ハジャイ止まり][バタワース行2両]          [荷物車][機関車]


s-IMG_2495.jpg

そして、隣のホームへ移動。

    ホーム                
[ハジャイ止まり][バタワース行2両]
        [荷物車][機関車]


s-IMG_2496.jpg

「荷物車も置いてくのかな?」
「これで機関車が戻ってきて出発か?」
と思えども、後部客車を開放しているようには見えない・・・

s-IMG_2499.jpg

機関車が帰ってきます。そして連結。

    ホーム                 
[ハジャイ止まり][バタワース行2両][機関車]
        [荷物車]


さて、危険ですねw
というわけで、とにかく乗り込む。

す る と ・ ・ ・

s-IMG_2502.jpg

やっぱり動き出しやがったwww
もちろん構内放送も何もありません。


ここらへんのタイ的行動は感覚的にわかるようになってきましたw

そして、2両分進んだところで一旦停車。
ハジャイ止まりを切り離します。

    ホーム               
          [ハジャイ止まり]     [バタワース行2両][機関車]
        [荷物車]


s-IMG_2503.jpg

そして、先ほど荷物車を仮置きしたホームへバックし、
荷物車を連結します。

    ホーム                 
          [ハジャイ止まり] 
        [荷物車][バタワース行2両][機関車] =>パダンプサールへ


わざわざ荷物車の位置を組み替えた理由は、
パダンプサールでわかりました。それはまた後ほど。

そして、そのまま出発します。

s-IMG_2509.jpg

出発してすぐ、スンガイコーロク方面の本線と分岐。

跨道橋の上をオバちゃんが渡ってます。。。
線路は歩道も兼ねています。

s-IMG_2507.jpg

ハジャイから乗り込んできたおっさん。(背中)
(闇)両替商のようで。
新聞見せて、新聞のレートで替えてあげるよ、と。
怪しいので無視w

s-IMG_2522.jpg

南部に来ても、住宅の感じは変わりませんね。
南北に2千kmあるタイですが、上から下まで南国ですからね。

s-IMG_2524.jpg

そして、ハジャイを出発して1時間。
駅っぽいヤードに一旦停車。
KTM(マレー鉄道)の貨車(*)も見え、wktkが止まりません。
降りる人もいるようですが、
3分したら動くから待て、とさっきの両替商のおっさん。

 *帰ってからよくよく見ると、タイ国内でも結構KTM貨車走ってます。
  そりゃそうですよね。国際貨物は国際列車より頻繁でしょうから。

s-IMG_2525.jpg

すぐにまた動き出し、国境らしき柵を超え、、、

s-IMG_2526.jpg

立派な駅に入線していきます。

ハジャイから乗り込んできた客もけっこういまして、
そのほとんどが柵越え前で降りました。
タイ国内での降車は国境手前のようです。
国境を超える人はマレーシア側で手続きを。

というわけで、
いよいよ国境越えです。


posted by DAIG☆ at 00:07| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アジアの車窓から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。