2015年06月13日

[マレーシア]マレー半島周遊編E 〜コタバル散策 〔'15/4/11〜18〕


旅は3日目になりますね。
日記は6つ目、ちょっと切りすぎかな?(笑

この日は午前中にコタバル市内をぶらついて、
午後にワカバル駅、トゥンパッ駅と、PCB海岸を覗いて、
夜発のバスでクアラルンプールに向かいます。

s-IMG_6693.jpg

泊まった宿。
如何にもバックパッカー向けといった感じですね。

s-IMG_6860.jpg

s-IMG_6694.jpg

まずは、バスターミナルで、チケットをおさえます。
21:00発。たっぷり時間あります。

中心部、宿近く、バスターミナル近くの市場をのぞいてみます。



s-IMG_6695.jpg

s-IMG_6696.jpg

並ぶ食材はタイとたいして変わりません。
牛がならんでるくらいかな?
全部ハラールなのかな?よくわかりません。

鳥とか牛とかをココで解体してるので、
ちょいとグロテスクな区域もありますw

s-IMG_6697.jpg

近くの食堂?レストラン?で朝ごはん。
隣のおっちゃんが食べてたので、適当に。
お茶を頼むと、基本的に熱い紅茶が出てきます。
チャイ、と呼ぶのかな?
砂糖たっぷり。

s-IMG_6698.jpg

氷が配達されてました。
タイだとピックアップトラックですが、
マレーシアは基本的に普通のトラックですね。

一息ついたら、市場から西にクランタン河岸まで
ブラブラとしてみます。

s-IMG_6701.jpg

s-IMG_6709.jpg

s-IMG_6712.jpg

イスラムな民族資料館や戦争博物館なんかがあります。
コタバルは第二次大戦で日本軍が上陸した地ですね。

s-IMG_6715.jpg

s-IMG_6717.jpg

川はドロンコ茶色です。
東南アジアの川はみんなそうですね。

昼飯はマクドナルド。
日本ともタイともなんも変わりません。
店員さんがベール(ヒジャブというのかな?)をかぶっているくらい。

午後はタクシー捕まえて、駅巡りです。
適当にタクシー捕まえようと、運ちゃんらしき人で
英語しゃべれる人に声かける。
こうこう、こういう風に回ってきたいんだ、
いくらだ?、と交渉して成立。

したらこの人は仲介人の様で、
あてがわれた運転手は英語ゼロ・・・
クアラルンプールはどこ行っても英語通じましたが、、、
コタバルは通じない人が多いですね。

で、そんな運ちゃんの古〜いプロトンに乗って出発です。

s-IMG_6719.jpg

まずは給油w
仕事取れたら給油するのかよw

s-IMG_6718.jpg

ちょっとメーターのぞいてみたら、
走行 5 6 万 K m !
大事に乗られて・・・いや、かなりボロいですが。。。
エアコンもないし、なくても大丈夫っちゃ大丈夫ですが。
外観はそのうち写真に写ってます。

s-IMG_6723.jpg

道を走ってると、やっぱりタイとは雰囲気が違います。
同じ左側通行ですけどね。
そこここにモスクが目につきます。

s-IMG_6730.jpg

西に10分くらい走ると ワカバル駅 に着きます。
コタバル最寄りの駅です。
列車が着けば、コタバルに向かう旅人で賑わうのでしょうか。

s-IMG_6739.jpg

長距離長大急行列車が停車しそうな
風格のある駅ホームです。

s-IMG_6745.jpg

列車は来ないので閑散としてますが、
それでも管理人?職員?はいるようで。
なにしてるんでしょうね。。。

s-IMG_6750.jpg

そのあと、今度は北へ車で30分ほど、
田園風景の中を走ります。

s-IMG_6756.jpg

s-IMG_6834.jpg

トゥンパッ駅ですね。
東海岸線の終着駅ですが、もう本当にド田舎の子駅です。
周辺も、町というより集落と言った方がよいほどなにもない。
その集落からも少し離れてるので、ホントに周りになんにもない。
そのうえ、廃駅ではないけど使われてないので、なんにもない。

s-IMG_6758.jpg

ただ、この駅が興味深いのはコレ。
終着駅は車庫、操車場なんかがあって然り。
東海岸線で活躍していたのか、
させようと思ったけどしてないのかわかりませんが、
マラヤンタイガー用客車が。
JR西日本の14系24系のお古です。

s-IMG_6763.jpg

新大阪行き!だったりします。(しません。)
タイの24系よりずっと日本から持ってきてそのままみたいですね。

s-IMG_6777.jpg

勝手に線路に下りて、見物しますw
外見はだいぶ痛んじゃってますね。

s-IMG_6773.jpg

駅の裏は整備工場になっているようです。

s-IMG_6781.jpg

その中に、1台、オハネフ25だけが、
ずいぶん大事そうに車庫内にしまわれてましたよ。
さすが屋内保管、ピカピカですw

s-IMG_6836.jpg

いつかまた乗りに来よう!と思って
後ろ髪引かれる思いで後にします。

一旦コタバル市内に戻って、
そこから北に北方30分くらい走ると海岸に出ます。

s-IMG_6851.jpg

PCB海岸というそうで、デートスポットのようで。
ちょうどタイ湾の入り口付近。
対岸はカンボジアベトナムです。

s-IMG_6852.jpg

ココナッツアイスで一休み。
しかし、微妙な甘さ・・・途中でギブアップw

すると運ちゃんが車おいてやってきて、
隣でココナッツを飲み始める。
それはいいんですけどね、会計の段になって、
15RMね、と店員。高すぎね???
絶対運ちゃんのココナッツ代もこっちに乗ってるだろwww

夕方にコタバルに戻ります。
夜のバスまで暇なので、またマックに入り浸ります。
ずっと本読んでました。日本の小説ですよ。

s-IMG_6862.jpg

s-IMG_6863.jpg

バスの時間も近づいて、夕飯を食べておきましょう。
バスターミナル近くのインドカレー屋で。
美味いですね。本場の味なんでしょうね。
マレーシアではインドで言うナン、ヒョウタン型に焼かないんですね。
名前もナンではなかったですが、ナンで通じました。

バイトなのか店主の娘さんなのか、
高校生くらいの可愛い娘がいて、
いかにも英語しゃべれそうだったので声かけたら、
(==)??? って、まったくわからないみたい。
一方、店主(50近いおっさん)は英語ペラペラでした。
日本で働いてたこともあるみたいで、
広島だ大阪だと盛り上がってました。
ここいらは、おっさんが英語できて
老若はしゃべれないのかしら?

s-IMG_6869.jpg

s-IMG_6874.jpg

腹もいっぱいになり、バスの時間です。
前方は4列、後方は3列で、自分は3列のとこでした。
すわり心地は申し分ないですが、
クアラルンプール直行じゃなくて、途中の街に寄りながらで、
客の乗り降りが頻繁で、いまいち眠れませんでした・・・zzz

s-IMG_6875.jpg

コタバルさようならぁ

s-IMG_6877.jpg

s-IMG_6880.jpg

てことで、夜が明ける前にクアラルンプール郊外の
バスターミナルに到着。4時頃だったかな?
私のチケットはここまでっぽいのですが、
バスは終着じゃないようで、うとうとしてたら
あやうく降りそびれるところでしたw

s-IMG_6881.jpg

ここからの移動は電車になりますけど、
まだ動いてないみたいなので、
待合室のベンチに横になって、小一時間仮眠です。



posted by DAIG☆ at 19:19| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アジアの車窓から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。