2015年07月19日

[マレーシア]マレー半島周遊編M 〜ペナンヒルdeダウンヒル 〔'15/4/11〜18〕


まずは、朝ごはん。
腹が減ってはなんとやら。

s-IMG_7653.jpg

s-IMG_7661.jpg

フェリーターミナル近くの食堂で、
またまたロティチャナイ!!
おいしいわぁ。。。^^ やみつきです。

s-IMG_7663.jpg

そして“Rapid Penang”204系統でペナンヒルに向かいます。
ターミナルに着いたらちょうど出ちゃったのですが、
10分くらいしたらすぐに次のがありました。
ペナン島観光には路線バスがよいようです。
30分ほどで2RMだったかな?
70円くらいです、安いですね。

ちなみに、KLの公共交通(バス、LRT、モノレール)を運行している
政府出資会社ラピド・KLの子会社だそうです。
マレーシア中、ラピド・なんちゃらになるのでしょうか?
マレーシアはいろんな事業を国が牽引してますね。

s-IMG_7674.jpg

s-IMG_7680.jpg

s-IMG_7683.jpg

車窓には右に左に、真っ白な西洋風の建物が並びます。
マラッカ海峡沿岸は、アジアだけどアジアじゃない感じですね。

s-IMG_7667.jpg

バスの車内は、平均で着席率50%くらいでしょうか。
街のおばちゃん、中国人観光客、
通勤通学客、そんな人たちでした。
普通の路線バスです。

s-IMG_7707.jpg

20分ほどで山の麓に。
この山がペナンヒルかな?

s-IMG_7712.jpg

山麓部にはマーケットがあるようで賑わってます。

s-IMG_7716.jpg

タイ・中国・ビルマの3様式が混在するお寺、
極楽寺だそうです。
中国人観光客はここに降りていきました。
私は、この写真で十分ですw

s-IMG_7720.jpg

そして、山肌に貼りついた線路を発見!
これですねー。ワクテカ。

s-IMG_7723.jpg

そして、ペナンヒルケーブルカーの山麓駅に到着。
新しく整備されてます。

s-IMG_7726.jpg

チケット買って中へ。往復で30RMです。
すごい角度で線路が伸びてます。

s-IMG_7736.jpg

ヨーロッパ風?のモダンな車両です。

s-IMG_7743.jpg

先頭部を陣取って、発車!

語呂的には「発車!」じゃなくて「出発進行!」なんですけどね。
どうもそれを許さない自分がいてこそばゆいw

s-IMG_7750.jpg

元々2系統を乗り継いで山頂まで行っていたようですが、
現在は1本に繋がれてます。
旧駅に降りれないのかな?興味津々。

s-IMG_7754.jpg

そのすぐ上が上下線のすれ違いポイント。

s-IMG_7756.jpg

途中駅もあったりしますが、止まりませんでしたね。
でも、なんでもないところで止まってたりしたので、
下り線が途中駅に止まっていたのか・・・?

s-IMG_7758.jpg

旧線のすれ違いポイントには、
旧時代の車両が展示されてます。

s-IMG_7763.jpg

s-IMG_7765.jpg

そして山頂駅に到着。
平日の朝っぱらなんですが、
けっこうな入りですね。

s-IMG_7780.jpg

山頂駅。
写真は次の列車です。

s-IMG_7775.jpg

展望台へ向かう途中、
跨線橋を渡りますが、雄大な眺めが!

s-IMG_7770.jpg

この日は、朝もやがかかった感じで、
ちょっとスッキリしない展望でしたが、
それでも絶景!

s-IMG_7798.jpg

そして下り。
何が何でも先頭部の席を確保すべく、
1列車やり過ごして、タイミングを見計らって並びますw

s-IMG_7800.jpg

中国人観光客と争奪戦の末、なんとか確保(笑



クライマックスの最大傾斜区間の映像をお楽しみくださいませ。
そこで周りからも歓声が出ます。
エレベータで降りるときみたいな、ふわっとした感じがあります。



全線の様子は人様の映像でどうぞw



ちょいとおまけ、また人様の映像ですが。
乗り換え時代の映像を見つけました。
比較的最近まで乗り換えだったみたいですね。
施設のほとんどが今と変わらない。

s-IMG_7812.jpg

そして麓に到着。
なんでホッとするんでしょうね(笑
天上界から帰ってきた気分w

またバスでフェリーターミナルまで戻って昼前。
ちょうどよいですね。バタワースに戻ります。

s-IMG_7823.jpg

そのまえに、念のために食料を手に入れておこうと。
しかし、日本みたいにどこにでもコンビニがあるわけで無し。
しばし歩くと、ガソリンスタンドの中に売店がありました。

そのガソスタからの景色。
中国人移民の水上住宅だそうです。
こんなところもあるんですね。

s-IMG_7829.jpg

s-IMG_7838.jpg

フェリー待ちの間にパンとかお菓子でちょこっと腹ごなし。
そして出航です。
さ、タイに、バンコクに戻りましょうか。



posted by DAIG☆ at 01:52| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アジアの車窓から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。