2015年07月26日

[マレーシア]マレー半島周遊編N 〜バンコク行き国際特急 〔'15/4/11〜18〕


本日は、プノンペンからお送りしております。
といっても、ブログのどこかに現在地が反映されるわけでもなく。
本日の様子は、2か月ほど後に投稿されることでしょう(汗

===

というわけで、旅行たぶん7日目。
最後の皇帝行程ですね。

ペナン島からバタワースに帰還し、昼過ぎのバンコク行き国際列車、
タイ国鉄では36列車寝台特急でバンコクまで一気に戻ります。

s-IMG_7859.jpg

フェリーを降りて、駅へ。
まだ列車は入線していないみたいですね。

遅延常連のタイ国鉄南線を下ってきて、
昼頃に着いて、取って返して1時半発のダイヤなのだから、
まぁ、時間通りに来るわけないですねw

それにしても、いろんな時刻表にいろんな時間が書いてあるから、
どれが正しいのやら。。。
タイ時間とマレーシア時間がありますけど、
どっちで書いてるのかもハッキリしていただきたいところw

先ほど書いた時間は、マレーシア時間での話、のはず。

s-IMG_7862.jpg

そして1時前に駅に着いてから、
かれこれ1時間半ほど待って、やっと到着した模様。
すでに午後2時過ぎ、出発時間を1時間ほど過ぎようとしています。

s-IMG_7866.jpg

見慣れた車両が、高床ホームに止まるという
見慣れない姿で待ってます。

s-IMG_7872.jpg

機関車もいつものやつですね。
いつもといっても2回目ですが(笑

s-IMG_7878.jpg

s-IMG_7890.jpg

そして、やっぱり時間ないんですねw
すぐに乗車してすぐに発車しました。

そして新(?)本線に合流。
元々はバタワース方面とパダンプサール方面へ
Y字だったようで、スイッチバックしていたみたいですが、
今はΔになっています。(運用はまだかな?)
電化の本格運用が始まったら、どのような運行体系になるんでしょうね。
ETSばっかりで、客車列車なくなっちゃったりして・・・

s-IMG_7875.jpg

発車した時にはごらんのとおりガラガラでしたが、
マレー鉄道内の区間利用が多いんですね。
停車駅の旅に乗り降りがありました。
そしてパダンプサールで、バタワースから乗った人以外
みんな降りてゆきました。

さて、列車は1時間遅れで発車してますので、先を急ぎます。
が、ものの1時間も走ると、ほとんどオンタイム。
後半は時間調整で5分以上の停車が増えます。

う〜ん、新線恐るべし。
ま、タイ国鉄も線路引き直しただけで定時運行になりましたしね・・・

s-IMG_7897.jpg

というわけで、時刻表上3時間以上かかることになっている
パダンプサールに2時間半ほどで到着。

s-IMG_7902.jpg

まずはとにもかくにも出入国手続きです。

s-IMG_7907.jpg

手続きはものの10分とかで終わってしまいますので、
あとは・・・やたらと暇です。

ここでの停車は出入国手続きのためだけではございませんで、
かならずここでタイ国鉄とマレー鉄道のそれぞれの国際列車が
1日に2回、往復分ですね、交換するようにダイヤが組まれてます。
で、機関車が入れ替えられて引き返す、というパターン。

そんなわけで、向こうからマレー鉄道のKL行きが来ないことには
こちらは1歩も動きません。暇です。

駅の向こうでは、貨物トラックがひっきりなしに、、、
というか大渋滞で出入りしています。
せっかく鉄路がつながってるのに、タイ国内はトラックで輸送して、
ここから貨物列車に乗せ換えてマレーシア内を運んでるのでしょうか。
まぁ、あのタイ国鉄の路線じゃぁ・・・ねぇ・・・
日通なんかは列車でも頑張っているようですが。

s-IMG_7910.jpg

タイ国鉄の給仕のおばちゃんが国境の向こうから
線路を伝ってやってきました。
今まで車内にいた人はやっぱりKTMの人のようで。

s-IMG_7923.jpg

1時間ほどして、やっとKL行きがやってきました。

s-IMG_7931.jpg

早速に機関車は外されて、こっちに回送されます。
このあと長大編成に改組されて、KLに向かうのでしょう。

s-IMG_7935.jpg

荷物車が連結されるので、荷物を積み込む準備が
ちゃんと!できてますね。

s-IMG_7942.jpg

側線に置いてあった荷物車と、
あら、食堂車もここまで来るようになったのですか、
こちらに連結です。
こちらはハジャイで残りの編成とは合流です。

s-IMG_7939.jpg

あちらさんも、すぐに発車準備が進みます。

s-IMG_7947.jpg

私の夕飯はと言えば、マレー鉄道内で注文取りに来たので頼んでみたら、
パダンプサール到着後お弁当が配布されました。
これはこれで、暇な時間を潰してくださいということでしょうけどw

しかし、連結の衝撃でスイカが倒れてるw

s-IMG_7948.jpg

いつもの食堂車飯は飽きたので、ちょうどよかったですね。
ご飯も暖かくてよかった^^

s-IMG_7946.jpg

こちらは荷物を積み込み終えると、発車です。
やっと発車ですね。
でも、どうやら時間通り、のようです。
もう少しバタワースの出発を遅くしてもよさそうですが。



国境を越えます。
川があるわけでなく。鉄条網でココとわかりますが。
その後一旦停車し、タイ国鉄内のみの客が乗り込みます。

s-IMG_7956.jpg

そして、1時間ちょっと、日もすっかり暮れたハジャイに到着。
ここで、編成を継ぎ足して、バンコクに向かいますが、
やっぱり面白いハジャイの取り回し。

  B番線
  [島ホーム]
  A番線
  @番線       =>バンコク
  [駅舎のあるホーム]

となってますが、まずはA番線に入線。
36列車のハジャイ発御体は@番線で待機中。

 [2等寝台][2等寝台][食堂車][荷物車][機関車]

という編成できましたけど、

s-IMG_7958.jpg

すぐに、後ろから機関車+バッファー車やってきます。

s-IMG_7959.jpg

前方では、機関車と荷物車が外されて、
これは@番線の御体の先頭に繋がれるのでしょう。

s-IMG_7964.jpg

そして我ら3両は一度パダンプサール方に引き出され、
@番線に改めて侵入。

s-IMG_7970.jpg

その頃、B番線では、我らの前に発車するはずの
スンガイコーロクからの38特急列車が何をやっているのやら。
こちらも増結作業しているのかな?

s-IMG_7974.jpg

そして御体にドシャーンと連結。
後ろの機関車とバッファー車外して、
前から機関車と荷物車がドッシャーンと繋がって、準備完了。

 [マレーシアからの2等車と食堂車][ハジャイ編成たくさん][荷物車][機関車]

となりました。1等車は先頭。
すぐに出発です。

なんだかんだで、もう21時ですよ。。。
よかった、夕飯済ませておいて。
さっさと寝ましょう。
旅の最後のゆりかごです。



posted by DAIG☆ at 23:09| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | アジアの車窓から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。