2016年01月11日

[ベトナム]インドシナ半島周遊記O 〜ラオス行きバス難行(3)不安そしてずぶ濡れの到着 〔'15/7/25〜8/1〕


さて、クライマックスですがw
不安と疲れと暗さであまり写真が
残ってませんでした。
頑張って文章で書きます!^^

事故+αでの足止めから脱し、
さぁあと国境まであと少しというところ・・・
突然また止まる。
ブルルル・・・ブル・・・ブスン。。。
エンスト?
またベルト切れたんかい??
切れてない・・・う〜ん・・・(不安

押し掛けしてみようという話になっている模様。
でも、こんな人数でバスを押せるわけない。
峠の国境に向けて、ずっと上り坂。
え!?バックで滑走して押し掛けるんかい・・・(不安不安
(脱輪とか道路から転落とかマジ勘弁・・・

s-IMG_1751.jpg

結局ダメ。
なんか湯気が・・・
オーバーヒート?

冷却水のホース外したりいろいろ弄ってますが、
この人たち車の構造わかってるのかなぁ?。。。(不安

そして、いつの間にかエンジンが掛かるように。
直った!とばかりドヤ顔してますが、
ただ単に時間経って水温下がって復帰しただけのような・・・
根本原因は絶対抱えたままだよなぁ・・・(不安

ともかく出発。

が、やはりだんだんパワーが出なくなる。
ほらぁーーーーーーー(不安不安不安

s-IMG_1759.jpg

なんとか瀕死で国境に到着。

s-IMG_1755.jpg

バス、駐車場ど真ん中で立ち往生。(不安だけど麻痺気味w

s-IMG_1759.jpg

俺たち直してるから、出国手続きしてこい、と。

s-IMG_1760.jpg

比較的ちゃんとした建物がありました。
ベトナム出国のスタンプ押してもらい、
売店でお菓子と飲み物買って一休憩。

奥では工事してますね。
国境設備を更新するようです。
大きな国境にするのかな?
なにせここ、ガイドにもほとんど情報ないような
マイナーな国境。チャーローと言うようです。
多くの国際バスはその北のカオチュオという
国境を通るそうですが・・・
マイナーな国際バスに乗ったようですw


↑チャーロー。Gマップにはちゃんと乗ってます。

s-IMG_1763.jpg

さて、バスに戻ると絶賛作業中。
また水回りのホース外したりなんなりしてます。
トイレから大量に水組んできて、突っ込んでます。
またエンジン掛かるようになりました。
う〜ん。。。(不安不安

(こういう時はポジティブシンキング。
(今までは上りでエンジン負荷が高かったからオーバーヒート
(これから下りだから、水温もそんなに上がらず
(ラオスまで下れるはず!はず!はず!!!!!(希望的観測

彼らは直った直ったと相変わらずのドヤ顔也。

s-IMG_1767.jpg

バスもベトナムを出国。
峠を越えて、ラオスイミグレーションに向かいましょう。

s-IMG_1777.jpg

と、ここからの道がひどい。
国境超えたとたん未舗装・・・
雨降った泥道はヌッタヌタデッコボコ。
そして日が落ちて、一気に暗くなります。
雨もまた降り出したみたい・・・

s-IMG_1779.jpg

なんかプレハブ小屋?が。
これがラオスのイミグレかな?
格差・・・

s-IMG_1783.jpg

皆さんは添乗員にパスポート預けて
お任せのようですが、私は付いて来いと。

しかし窓口では、大量のパスポートが
ダルそうーに処理されてます。
同じようなバスのパスポートのようです。
そしてトラックの運ちゃんが来ると、
そっちを先に処理する。。。

僕のパスポートもあそこに置かれてるけど、
いつになったら処理してもらえるのか・・・

しばらくするとうちの添乗員が。
来い!バスに乗れ!と。
え?!入国の手続きは?
いいから乗れ!
え?え?俺のパスポート・・・(不安不安

バスは出発します。
たしかに添乗員が一人乗ってないので、
処理してあとから追いかけてくるのでしょう。
でもどうやって???何に乗ってくるの??

s-IMG_1784.jpg

しばらくすると立派な建物が。
ラオス側の設備も建設中?

s-IMG_1786.jpg

未舗装の凸凹道。
ゆっくりゆっくり下ります。
一気に下ります。

(あぁ、この高低差、壮大な景色なんだろうなぁ
(事故とかなければ、明るいうちに下れたんだろうなぁ
(見たかったなぁ
(こんなマイナーな国境、もう一生来ないだろうなぁ

そんなことを思う余裕はありましたw

s-IMG_1788.jpg

山を下りきると、駐車場に。
トラックがいっぱい止まってます。
寝てる?

そんな中で、どこから現れたのか
税関の係官らしき人が。
バスの積み荷点検してます。
まぁ、大量の食材積んでますので。
どんな処置があったか知りませんがOKの模様。
また出発。
僕のパスポートはまだ?(不安不安不安

s-IMG_1791.jpg

しばらく進むと、食堂に停車。
夕飯にするようです。
でも、雰囲気察するに、もう何もないよ!の模様。

手続きしてた添乗員も合流。
手にはパスポートの束。(少し安心

s-IMG_1795.jpg

有りものが出てきました。
まぁ、飲めや、とビールも1杯貰い、
とりあえず腹ごなし。

乗客はそれぞれ注文してますが、
勝手のわからない私は添乗員の席で
面倒見てもらえた模様。
基本的に面倒見は、よい。

皆さんが腹こなすとまた出発です。
そしてしばらくすると、パスポートが帰ってきました。
ちゃんと入国のスタンプもある。
(よかったぁぁぁぁ・・・

そして、料金の請求が。
400,000ドンですって。
40マンと聞くとドキッとしますが、
2000円ほど。安い。。。
スリル満点の心臓に悪い旅を
たった2000円で堪能することができましたw

終着のラオスはターケークまでは、あと数時間。
バスもとりあえず大人しくエンジン回ってるし、
ここまで来たら大丈夫かな。(ひとまず安心
で、寝落ち。

s-IMG_1800.jpg

夜10時過ぎ。
ターケーク郊外のバスターミナルに到着。

ここで最後のひとトラブル。
バックパックのサイドポケットに入れてたサンダルがない。
あらぁ、盗まれた?荷物バスから出してないし。
国境まではあったしなぁ。税関で盗られたかな?
他の荷物は無事な模様。(ホッ
ま、いいか。旅の終わりまでのあと2泊の
ツッカケが無くなっちゃいましたが。

s-IMG_1807.jpg

まだ終わらない。
まだ宿が決まってません。
ターケークの中心街まで、
思ったより距離がありました。
途中からまた雨が降ってくるし。。。



中心部はメコン川沿いに。

ずぶ濡れになったころ、宿に。23時。
ラオスキープは持ってませんが、
ここはタイとの国境の街、バーツで支払えます。
相場ですね500バーツでした。
寝ましょう・・・

明日は国境を渡って、タイに戻ります。



posted by DAIG☆ at 01:04| バンコク ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | アジアの車窓から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。