2016年09月26日

[タイ]南方盲腸線の旅C 〜スラータニーへ戻る 〔'15/10/23〜25〕

よーし。
なんとしても月にいっぺんは書きます!

=====

さて、夜行列車の終点、ナコンシタマラートに到着しました。
ここで、今回の旅程をご紹介。

root.jpg

本当は列車だけで旅したいのですが、
残り少なくなってきたタイ滞在で全線完乗の
ためには効率優先!
このひと旅で、盲腸線2つを仕留めます!

ナコンシタマラートはまだ本数有るので
行きやすいのですが、問題はキリラッタニコム。
超ド級田舎の通勤通学列車でして、
早朝にキリラッタニコム→スラータニー、
夕方にスラータニー→キリラッタニコムという時刻表。
なんと(乗り潰シストにとって)不便なこと!w
今回は地理的条件からうまく処理(笑)できました。

ナコンシタマラートで昼に夜行列車で着き、
本当は鉄道でまた帰りたいところをぐっと我慢して、
バスをつかってスラータニーへ戻ります。
すると、夕方のキリラッタニコム行きに乗れます。
終着キリラッタニコムには当然宿などないし、
タクシーもいないという前情報。
スラータニーで事前調達したタクシーで帰ってくると、
バンコクへの夜行列車に乗れる、というシナリオ。
事前調達方法はまた後ほど。


さて、旅に戻りましょう。

只今の時刻は11:30。
腹が減ってきました。

s-IMG_2571.jpg

s-IMG_2572.jpg

ちょこっと駅前をぶらつくも、
これと言って食べられるところがありません・・・
あまりここで時間を費やして、
夕方のキリラッタニコム行きに乗り遅れたくはないので
スラータニーに向かいます。
バスターミナルは駅からちょいと離れているみたいなので
モーターサイ(復習です、バイクタクシーのこと)に声掛けます。
いくらだったかなぁ、20か30バーツ程度だったと思いますが。

s-IMG_2575.jpg

ナコンシタマラート駅をぐるっと回って
裏の住宅街みたいなところにあります。
モーターサイで5分くらいです。



s-IMG_2578.jpg

s-IMG_2581.jpg

北から入って、左手前が路線バスターミナル
奥がロットゥー(ハイエースのミニバス)乗り場。

s-IMG_2585.jpg

スラータニー行はロットゥーだけみたいです。

s-IMG_2588.jpg

タイ語ばっかりでわかりません^^
あっちゃこっちゃ聞いてみるとたどり着きますが、
すぐに出るようで。
昼飯食べそびれた・・・

s-IMG_2589.jpg

で乗り込んで待ちますが、
昼飯くらい食べる時間あったかも(笑
すぐに出るったって、満車になるまで出発しませんもの。
でも、チケットもなく金は渡しちゃってるので、
食べてる間に満車になって出発されちゃかなわない。

s-IMG_2591.jpg

っと、スラータニー市街のバスターミナルに到着です。
寝落ちしてたら、写真も撮れてなかった(笑
⒓時→14時の2時間ほどでした。

スラータニーは鉄道駅が郊外(市外?)にありますんで、
またバスで移動します。
が、バスターミナルが2つあって別のほうから出るようです。
近いですけどね。



到着したのがこちら。

s-IMG_2595.jpg

Talad Mai Roadを渡って・・・



s-IMG_2596.jpg

市場の一角に駅行きバス乗り場があります。

s-IMG_2597.jpg

あまりにもお腹空いたので(笑
遅めの昼飯を。
市場の中にカオマンガイ屋がありましたので。

s-IMG_2604.jpg

s-IMG_2608.jpg

駅行きは15分ごとくらいに出ているようで、
乗客もそこそこですぐに出発。
5バーツとか、10バーツしなかったと思います。

s-IMG_2612.jpg

夕方の軽い渋滞の中を西に向かいます。



市内から10キロほど西へ。
30分くらいでしょうか。

s-IMG_2614.jpg

あ・・・雨が・・・

s-IMG_2621.jpg

駅に着くころには小降りになってくれました。

s-IMG_2624.jpg

まずは、キリラッタニコムからの帰りの足を
確保しないといけません。
駅舎向かって右側の辺りを撮った写真ですが、
この写真の左端の小屋にオヤジが溜まってまして、
タクシーの運ちゃんたちの様です。

適当に声をかけて、タイ語混じりの拙い英語で・・・
キリラッタニコムに行きたい
列車で行くんだ
ピックアップミー ティー キリラッタニコム
(ティーはタイ語で場所を示します。英語ではatかな。)

リゾート島への玄関口でもあるスラータニー。
欧米人観光客も多いので、おっちゃんたちも英語を解します。
そんなに苦労することなく、タクシーを確保。
1000バーツの契約でした。
1時間ほどを往復させて向こうでは待たせるので
そんなもんかな。
前調べでは700とか800バーツとかでしたが、
タイもだんだん物価が上がってます。

この車で迎えに行くからと示されたのは、
ボロイカローラだったかな。
バンコクみたいなカラーリングされたタクシーではないです。
日本で言うところの、シロタクだと思います(笑
基本的にお金は交渉です。

16時前で、列車は16:55なので、
1時間ほど時間があります。
いつものようにぶらぶらしましょう。

s-IMG_2640.jpg

s-IMG_2628.jpg

真ん中のホームに乗る列車はもう止まってます。
たぶん、1日止めっぱなし?
だれもまだ乗ってませんが。

s-IMG_2637.jpg

その列車では、モデルさん?が
ウェディングな感じの撮影してました。

s-IMG_2645.jpg

列車を眺めていても5分10分しか潰れませんで、
さて・・・と思っていると、
裏から人がたくさんやってきます。
なんか騒がしいし、なんかやってるみたい。

s-IMG_2647.jpg

市場はありますが、これじゃないな。
この向こうから声援が聞こえます。

s-IMG_2648.jpg

川に人が集まってます。

s-IMG_2656.jpg

s-IMG_2661.jpg

ボートレースやってました。
クラシックな船ですね^^
高校でボート(オリンピックでもやってるやつ)漕いで
いたもので、見入ってしまいます。

ぼちぼち時間も潰れまして駅に戻りましょう。

s-IMG_2665.jpg

撮影はまだやってます。

s-IMG_2678.jpg

早めに列車に乗り込んで、
僕的一等席を確保(笑
列車にも少ーしだけ乗客が集まってきます。
通学の中学生か高校生でしょうか・・・
騒がしいwww
日本と変わりません(笑

定刻の16:55、キリラッタニコムに向けて
1時間の小さな旅の始まりです。

=====

スラータニーのバスターミナルどこだったかなぁと
グーグルマップで探しているとふと思い出しました。
「しまった、地球の歩き方捨てちゃった・・」

別になにか記録を残してたわけではないですが、
各地の地図があるし、記憶を探るヒントにはなりますよね。
わざわざ新しいのを買う気にはなりませんけど。



posted by DAIG☆ at 00:57| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | タイの車窓から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。