2016年10月08日

[タイ]南方盲腸線の旅D 〜ジャングル鉄道でキリラッタニコムへ 〔'15/10/23〜25〕

10月のノルマは早めに(笑
後半はちょっと忙しいので。
では早速、この旅のハイライト、
キリラッタニコム支線です。

=====

s-IMG_2675.jpg

出発の5分ほど前、列車が1番ホームに入ります。
こっちが16:55発なので、16:47発のナコンシタマラート
からの快速174列車でしょうかね。定時運行のようで。

s-IMG_2682.jpg

それを見送ったらこちらも出発です。

s-IMG_2686.jpg

車内はガラガラー。
通勤通学買い物客でもっと賑わうのかと思ってましたが・・・

s-IMG_2689.jpg

出発して一駅は本線を走ります。
左にカーブしたのち、先ほどボートレースやっていた
ターピー川を渡ります。

s-IMG_2692.jpg

5分ほど走ると分岐駅バントゥンポーに。
一番左の寂れたホームに入線。

s-IMG_2695.jpg

もうすでにド田舎なので、乗降客もなく。
ホント、分岐だけの駅です。

s-IMG_2699.jpg

すぐに本線から左に分かれ、
ジャングル鉄道に入っていきます。



題名からジャングルジャングル言ってますが、
この本でジャングル鉄道として紹介されてます。
旅程もこれを参考にして立てました!

s-IMG_2700.jpg

さて、話を戻しまして、
こんな寂れた支線でもちゃんと線路引き直してます。
廃止にする予定は当面ないようですね。

s-IMG_2701.jpg

他の車両の乗車率も似たようなもの。

s-IMG_2703.jpg

ジャングルを進みます。

s-IMG_2705.jpg

ときおり、ホームもないような駅に止まります。

s-IMG_2709.jpg

ときたま、田んぼ地帯。

s-IMG_2710.jpg

駅では一人、二人づつくらい降りていきます。

s-IMG_2715.jpg

そしてジャングル。

s-IMG_2718.jpg

まだまだジャングル。ちょっと田んぼ。

s-IMG_2725.jpg

ある駅では何組か下車。
家族でしょうか、車で迎えに来ています。
家までこれからどれだけかかるのでしょうね。

s-IMG_2726.jpg

そしてまたジャングル。

s-IMG_2727.jpg

田んぼ。

s-IMG_2728.jpg

延々ジャングル。

s-IMG_2731.jpg

これでもかとジャングル。

s-IMG_2733.jpg

また人が降りて・・・

s-IMG_2738.jpg

ちょっと開けてきました。
鉄ちゃん?

s-IMG_2746.jpg

そして景色がどーんと開けて・・・

s-IMG_2749.jpg

突然、複線??と思ったら、

s-IMG_2751.jpg

キリラッタニコムの機回し線でした。

s-IMG_2754.jpg

小さな終着駅。
機関車はすぐに外されて、機回しへ。
明日の朝の出発の準備をしてしまうよう。

s-IMG_2756.jpg

s-IMG_2757.jpg

小さな村の駅です。
列車が着いた瞬間だけ、ちょっと賑わう。
でも駅前には何もありません。

s-IMG_2762.jpg

そして、スラータニーでお願いしておいたタクシーは
ちゃんと来てました。
顔もちゃんと覚えてくれてて、手を振って迎えてくれました。
こういうの、慣れてるんでしょうね(笑

1時間かけてきた道を、30分ほどでスラータニー駅へ戻ります。

さて、スラータニーでゆっくり夕飯でも食べて、
夜行列車でバンコクに戻りましょうと思っていたのですが・・・



posted by DAIG☆ at 12:28| 愛知 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | タイの車窓から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。