2016年12月18日

[タイ]イーサーン周遊ローカル阿房列車@ 〜旅の入り口・ケンコイへ 〔'15/12/5〜6〕


1年以上前のお話になりました。
タイの職場の変則カレンダーでまた3連休だったので、
イーサーン地方のローカル線を巡ってきました。

s-root1.jpg

乗り潰し区間はナコンラチャシマ〜ブァヤィだけですが、
ほとんどの区間が夜行列車で深夜に通過しているので、
改めて景色を堪能するのであります!

s-IMG_2855.jpg

8:20のディーゼル急行75列車に乗るために夜明け前5時頃に出発。
バスもないので、車で連れて行ってもらいます。

s-IMG_2870.jpg

3等車なので、自由席。
早めに陣取らねば。
・・・と思っていたのですが。駄菓子菓子。

s-IMG_2902.jpg

そういえばなんで連休かというと、
本日(12/5)は国王誕生日で父の日で祝日。
(※当時プミポン国王でした。ご冥福を祈ります。)
駅のそこらでイベントやってます。

s-IMG_2874.jpg

コンコースから入って正面右のホーム、4番線にはピカピカの客車。

s-IMG_2898.jpg

s-IMG_2894.jpg

日本で言うところのお召列車が展示されてます。
1年前もチェンマイに行くときがそういえば父の日の前日で
展示の準備をしてましたね。

s-IMG_2906.jpg

タイ語だけでなんだかよくわかりませんが、
受付してます。

s-IMG_2909.jpg

この列車の受付かな?
列車番号900番台てことは、臨時列車ですね。
日本人で受付してる人もちらほら。

列車の前のほうに行ってみませう。

s-IMG_2911.jpg

おぉ?これは?

s-IMG_2913.jpg

あぁ、なるほど、そういうことですね。
そういえば父の日はSL牽引の記念列車がありましたっけ。

私の乗る急行列車が8:20発。
これが8:10発。。。
座席確保したいけど・・・
珍しいものに引かれて、しばし散策を続けます^^
座れなくても長距離じゃないし!(2時間ちょいw)

s-IMG_2926.jpg

ホームでもイベントの賑わい。

s-IMG_2918.jpg

記念撮影も賑わってます。
みなさん、自由です(笑

s-IMG_2928.jpg

中をちょいと覗くと、SLって感じ。

s-IMG_2933.jpg

・・・ですが、運転台後ろの制御盤はなんでしょう・・・?!
ちなみにテンダーからはディーゼルエンジン音が轟いています!

s-IMG_2947.jpg

s-IMG_2948.jpg

式典?儀式?がありまして、
いよいよ出発です。



汽笛と湯気は勇ましいですが・・・
なにか物足りないwww
こいつの動力はいったい何なんでしょうね?

s-IMG_2958.jpg

さてさて、自分の旅に戻らないと!
出発まであと10分ありません。
いっちゃん端っこのホームからこっそり出る急行。
近郊型というか通勤型のディーゼルカーを使う急行。
ノンカーイ行急行75列車です。
ノンカーイまでは10時間近く。
乗ってみたいといえば乗ってみたいw

s-IMG_2960.jpg

なんとか、便所の前の席を確保できましたw
座れただけよしとしましょう。

s-IMG_2961.jpg

列車は定刻に出発です。

s-IMG_2962.jpg

こんななりでも急行列車。
シュパツするとすぐ検札が回ってきます。

s-IMG_2963.jpg

便所のメンテも頻繁に。スバラシイ!

s-IMG_2970.jpg

バンスーを過ぎ、バンコク都内を走り抜け、
どんどん混雑していきます。
それでも車内販売はかき分けかき分け。

s-IMG_2971.jpg

1時間半ほどで景色が郊外になるとアユタヤ。

s-IMG_2974.jpg

アユタヤを過ぎると一気に空きます。
アユタヤへの足に使う人、特に欧米の観光客が多いようで。

s-IMG_2975.jpg

そしてのっぱらの中をさらに1時間弱ほど行くと、
ケンコイジャンクション駅に到着します。

s-IMG_2984.jpg

ここで急行列車を下車し見送り。
1時間ほど待ち、ケンコイ発後続の鈍行列車に乗り換えます。
この間に昼飯でも食べちゃいましょう。
駅前に食べるとこあるのかな・・・

つづく。



posted by DAIG☆ at 15:40| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | タイの車窓から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。