2017年02月04日

伊勢湾一周阿房列車A 〜渥美半島〔'16/12/31〕


まだ昼飯にはちょいと早いのですが・・・

s-IMG_7706.jpg

鳥羽の駅前に海産物屋がならんでまして・・・

s-IMG_7708.jpg

贅沢しちゃうわけです(笑
2016年、がんばった自分へのご褒美的な?(笑

s-IMG_7710.jpg

近鉄は鳥羽の先、志摩まで伸びていますので、
フェリーふ頭まで近鉄沿いに歩きます。
途中お土産を物色しつつ。
この夜には実家に帰省でして。

s-IMG_7711.jpg

真珠島だそうで。

s-IMG_7713.jpg

フェリーふ頭が見えてきました。
この船に乗れるかなーと思ったら、タッチの差で・・・

年末年始はCダイヤみたいなこと時刻表に乗ってたのですが、
行ってみたらBダイヤだった・・・

s-IMG_7716.jpg

鳥羽水族館のあたり。

s-IMG_7717.jpg

その裏にあるフェリーふ頭。

s-IMG_7719.jpg

1時間ほど待って、次の船が来ました。
伊勢湾の入り口を渡って、愛知県渥美半島の先っちょ
伊良湖(いらご、“こ”じゃなくて“ご”)に向かいます。

s-IMG_7727.jpg

いかにも連絡船。

s-IMG_7730.jpg

観光客がほとんどだと思いますが、
結構な乗船率で。

s-IMG_7732.jpg

出航し、しばらくリアスを縫って進みます。

s-IMG_7733.jpg

10分ほどでリアスを抜け・・・

寝落ちw

s-IMG_7734.jpg

30分だか40分の辺りで、もう着くかな?
と思ったら、神島でした。

三河湾の辺りにも島はたくさんあって、
一度行ってみたいですね。
定期船はちょこちょこあるみたい。

s-IMG_7737.jpg

こんどこそ本土に陸続き、
伊良湖が見えてきました。

s-IMG_7747.jpg

下船は車と一緒に。

s-IMG_7750.jpg

s-IMG_7751.jpg

道の駅と一緒になってるんですね。
お土産に買った、海苔の佃煮が絶品。

s-IMG_7752.jpg

昼飯。
ここらへんはシラスの産地ですね。
この海苔の佃煮が美味しかったもので、
微妙に重くても瓶入りのを買ってしまったわけです(笑

s-IMG_7756.jpg

鉄路は半島先端までは来ていませんので、
とよてつバスに乗ります。

キャベツ畑が続きます。
菜の花も咲いてましたね。

そして、寝落ち。

s-IMG_7767.jpg

豊橋鉄道の三河田原駅。
とよてつに乗り換えて、豊橋まで。
バスも豊橋行きなんですけどね。
乗り換えたほうが早いです。
早かろうが遅かろうが、鉄道に乗るんですが(笑

s-IMG_7771.jpg

3両編成のローカル線。
東急のお古かな。

s-IMG_7775.jpg

木の架線柱も残ります。ローカル線。

s-IMG_7787.jpg

豊橋へ到着。
駅名は新豊橋です。
なんで隣接するのに「新」を付けるんでしょうね。
名鉄の名古屋と岐阜も、ちょっと前までは新名古屋、新岐阜でしたね。

s-IMG_7792.jpg

名鉄で帰りますが、改札口はJRと共用。

s-IMG_7794.jpg

JRの駅を間借りしてるんでしょうかね?
3番線が名鉄。向いの2番線はJR飯田線。
ICの人の乗り換え用改札があったりします。

s-IMG_7795.jpg

ちょうど特急の出発時刻。ラッキー。
特別車(指定席)にしちゃいました。
気持ちよく寝落ち。

s-IMG_7798.jpg

豊橋を出てしばらくはJR飯田線と線路を共用します。
この線路はJR?名鉄?
どっちかが第三種鉄道事業なのかな?
不思議な名鉄豊橋駅。

s-IMG_7802.jpg

30分で知立に到着。
鈍行に乗り換えて、帰宅です。

久しぶりの鉄道旅行で、のんびりできました^^



posted by DAIG☆ at 15:50| 愛知 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の車窓から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月08日

伊勢湾一周阿房列車@ 〜快速みえ〔'16/12/31〕 と 新年のご挨拶


あけましておめでとうございます。
日本に帰ってきてもうすぐ1年。
ぜんぜん乗ってませんでしたので、鉄分が不足してきました(笑
そうこうしているうちに、なんかいろんなところで廃線が進むようで・・・
まぁ、廃線が決まって鉄で溢れるようになったらもう興味ないんですが(笑
あーもう・・・てところには早めに乗りに行きたいものですが。

一昨年のタイでの乗車録もまだ終わりませんが、もういいかwと。
並行して書いていきます!

で、廃線とは無縁ですが、
昨年末にお手頃なところをぶらり日帰り一人旅、です。

=====

年末、ゆっくりしてたらどっか行きたくなりました。
だってFBのタイムラインに楽しそうな鉄旅の記事が
次々に流れてくるんだもの(笑
ただ、何日も出張るのは億劫wだし、帰省するので時間もないし。

というわけで、地図と時刻表とにらめっこした結果、
おぉ、フェリー使えば伊勢湾一周できるじゃないか!
というわけで、どこにも用事ないけれど、
とりあえず名古屋駅に向かうのでした。

s-IMG_7601.jpg

なんか、萌える増結編成構成のワイドビューひだが!

s-s-IMG_7606.jpg

それはさておき、私の乗るのは8:37発の快速みえ1号。
キハ75の2両編成。1号車前方半室が指定、他自由席。
意外に人並んでる・・・
寒いので待合室でヌクヌクしてたら、列が伸びてて焦りました(笑

s-IMG_7608.jpg

無事、特等席(笑)をゲット。
左の海はほとんど見えなそうなので、
山と路線分岐が見える右側の2両目後方、
長窓の後ろ(←ここ重要!)の席に。

ちなみに名鉄から金山でJRに乗り換えてございます。

s-IMG_7609.jpg

当然定刻に発車し、カーブを右に。
関西線へ。久しぶり^^

s-IMG_7613.jpg

名古屋運転所を過ぎ・・・
ここ、転車台あるんですね。写真撮れなかったですけど。
綺麗で見るからに現役でしたが、SLもないのに何に使ってるんだろ?
昔はSLの大所帯だったようですけどね。

s-IMG_7614.jpg

近鉄に寄り添い、

s-IMG_7624.jpg

しばらくするとビルが山に変わり、

s-IMG_7625.jpg

単線なのでときどき交換しつつ。。。
でも全線単線ではないんですね。
途中から複線になりましたね。
名古屋の近くが単線なのは用地が取得できないから??

s-IMG_7618.jpg

乗客の乗り降りは頻繁で、立ち客もしばしば。

s-IMG_7630.jpg

木曽川。

s-IMG_7631.jpg

海抜マイナス地帯でしたね。輪中、だったかな。
最近の住宅も盛り土の上が多いようで。

s-IMG_7633.jpg

手前に長良川、奥に揖斐川。
順番合ってますよね?(笑

s-IMG_7638.jpg

最初の客扱いの停車駅、桑名。

s-IMG_7640.jpg

近鉄特急。
ずーっとついたり離れたりで終点鳥羽まで近鉄と並走します。

s-IMG_7644.jpg

四日市。
関西線はDD51の最後の砦だとか。

s-IMG_7649.jpg

四日市を過ぎて、河原田から伊勢鉄道に入ります。
亀山をショートカットでパスします。
特急南紀もこっち通るようで。

非電化複線・・・
複線いるんでしょうか・・・

s-IMG_7657.jpg

鈴鹿サーキット、見えるんですね。すぐそこ!
この観客席はスプーンとこかな。

s-IMG_7666.jpg

津を過ぎて、松坂。
空が広い!

s-IMG_7667.jpg

非電化の世界にようこそ(笑

乗客はどんどん降りていきます。

s-IMG_7670.jpg

多気過ぎて、紀勢本線から参宮線に。

s-IMG_7674.jpg

伊勢神宮は見えないんですね。

s-IMG_7675.jpg

上りの快速みえと交換。

s-IMG_7677.jpg

客、ほとんど降りる。

s-IMG_7686.jpg

リアスの海が見えたらもうすぐ終点です。
車内ガラガラなので、左の車窓も俺のモノ!

s-IMG_7695.jpg

JR東海の車両は全面展望が多いですね。イイネ(^^)/

s-IMG_7700.jpg

終点鳥羽。10:37定刻、当然。
2時間の小鉄旅でした。

s-IMG_7703.jpg

フェリー埠頭まで歩きましょう。

つづく。

posted by DAIG☆ at 13:45| 愛知 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の車窓から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月09日

[東京⇔名古屋]ルートその4:ほくほく線阿房列車B〜とき〔'14/12/30〕


上越新幹線に乗り換えですが、1本スキップ。
自由席なので、乗る列車も自由ですね。
改札の外に出て、少しブラブラ。

s-IMG_6004.jpg

s-IMG_6006.jpg

懐かしいですね。
もう30年近く前になりますね。
小学校に入るかどうかの頃かな、
よく親に連れられてスキーに来てました。
ぜんぜん変わりませんね。

s-IMG_6007.jpg

コンコースはだいぶ変わってるようです。
出店、お土産店がたくさん。

こういうお餅系は日本に帰ってきたこと実感します。
小腹も空いてるし、ちょうどいいです。
野沢菜に草餅に、実家へのお土産買いこんでから
ホームへ上がります。

s-IMG_6010.jpg

結構乗客いますね。
明らかにスキー帰りのファミリーです。
始発じゃないし、さて座れるでしょうか。

s-IMG_6017.jpg

E4系MAXときが入線します。
E4系に乗る機会も、ひょっとしたら最後になっちゃうかも?

s-IMG_6023.jpg

そういえば1階席って乗ったことなかったですね。
上は席も確保しにくそうだし、1階に乗ってみることに。
結構混んでます。なんとか窓際に座れました。

s-IMG_6027.jpg

すぐにトンネルを抜けて、雪国脱出です。
すっかり関東地方の空気。

それにしても、1階からの眺めは独特ですね。
走行中は基本的に空しか見えません。
どうやら北陸新幹線が合流。高崎ですね。

s-IMG_6034.jpg

下から眺める新幹線て、けっこうカッコいい。

s-IMG_6044.jpg

夏は撮っちゃいけない写真ですね(笑

下からアングルが面白くて、いろいろ撮ってますw

s-IMG_6059.jpg

E2。

s-IMG_6049.jpg

E4。

s-IMG_6053.jpg

E5。

s-IMG_6052.jpg

E6。

s-IMG_6054.jpg

E7。

模様と化してます。

そんなことしてる間に、見覚えのある上空の景色が。

s-IMG_6048.jpg

戸田の辺りかな?
埼玉っぽい雰囲気w

s-IMG_6060.jpg

飛鳥山ですね。

s-IMG_6061.jpg

そして田端。

s-IMG_6063.jpg

高度を下げて、日暮里で地下に。

s-IMG_6066.jpg

上野で下車。
列車は東京へ。

実家へ便の関係で上野で降りました。

ポチポチと上野で降りる人いますね。
でも、地下4階はやっぱり面倒くさいw

s-IMG_6068.jpg

碑が語る古き良き上野駅。

s-IMG_6069.jpg

ほとんど長距離列車なくなっちゃいましたね。
ひたちも今や品川発着に。

s-IMG_6073.jpg

天井を見上げれば面影はありますが、
ここから北国に旅立つ、なんて感傷に浸ってると
人波に弾き飛ばされそうです・・・

s-IMG_6077.jpg

銀座線で浅草に。

s-IMG_6083.jpg

千葉に向かいます。


おわり。
posted by DAIG☆ at 01:32| バンコク ☔| Comment(4) | TrackBack(0) | 日本の車窓から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月07日

[東京⇔名古屋]ルートその4:ほくほく線阿房列車A〜はくたか〔'14/12/30〕


さて、「はくたか」に乗り換えです。

「はくたか」は「しらさぎ」の到着した同じホームの
向い側から発車のよう。
そこでまた、少し焦る!w

s-IMG_5892.jpg

乗り換え時間30分もなかったと思います。
自由席にはすでに行列が!

し か も

(明らかに)鉄ちゃん(に見える人)が多い!
やばい、座りたい席が被る!(笑

s-IMG_5894.jpg

すぐに入線してきます。
オールJR西日本681でした。

s-IMG_5899.jpg

到着してからドアが開くまで、
この時間がじれったいwww

s-IMG_5907.jpg

それでも、さほど苦労することなく、
お目当ての席を確保。
すぐに発車です。
新幹線高架を右に見ながら、富山に向かいます。

s-IMG_5908.jpg

さすが金沢。
しばらくは住宅街を進みます。
この郊外に、県の重要文化財の
後輩の実家があったなぁ、とか思いつつ。

s-IMG_5911.jpg

すぐに倶利伽羅峠。
また雪景色です。

s-IMG_5912.jpg

昼前の発車なので、すぐにお腹が減ります。
金沢で、列が刻々と伸びる中、
速攻で買っておいたお弁当 (笑
北陸に来ると、押し寿司がたべたくなりますね^^

s-IMG_5913.jpg

富山ですね。
少しだけ乗客の乗り降りがあります。
金沢でほぼ満席で出発しましたが、富山で完全に満席。

s-IMG_5918.jpg

富山を過ぎると右手には北アルプスが。
曇っていて上の方は見えませんが、
それでも壮大な景色です。

s-IMG_5922.jpg

左手には灰色の日本海が近づいてきます。

s-IMG_5925.jpg

魚津で富山地鉄見かけました。
乗ってみたいですね。
レッドアローが走ってるんですよね。
東京は練馬生まれの私には懐かしい。

s-IMG_5930.jpg

入善、泊のあたりですね。
そして右から北アルプスが高度を下げ、
ぐんぐん近づいてきます。
線路はどんどん海へ追いやられていく感じ。

s-IMG_5936.jpg

完全に海際まで。
もうこれ以上いけませんが右は見上げる断崖絶壁。

s-IMG_5944.jpg

市振過ぎて、親不知トンネル抜けると、
ハイライトでしょうかね。
線路は変わらず海際ですが、
北陸道は海の上へ追いやられております。

s-IMG_5954.jpg

この辺りは新幹線もかなり海の近く走るんですね。
長野から延々と北アルプスを迂回してますね。
ドーンと北アルプスの下をトンネルで貫いて、
一気に富山に繋げればよかったのに。
政治の香ですね(笑

s-IMG_5963.jpg

糸魚川を通過し、直江津を出て信越本線を少し走ると、
いよいよ北越急行ほくほく線へ。

s-IMG_5970.jpg

線形が直線になり、揺れもなくなり、スピードが上がります。
在来線規格で160km出るとさすがに速いなぁと思いますね。
そしてマレーシアの156kmよりわずかに速いだけですが、
安心感が全然違います(笑


しかし、トンネルでの気圧変化がしんどい。
トンネル入るたびに、出るたびに、
耳奥がツーンとして耳抜きです。
はくたかは所詮在来線。
新幹線て、やっぱりすごいんですね^^

s-IMG_5975.jpg

雪もまただんだん深くなり、十日町ではすっかり雪国。
でも、思ったより積もってないですね?
十日町って日本で一番雪深いエリアじゃありませんでしたっけ。

s-IMG_5977.jpg

s-IMG_5986.jpg

六日町から上越線に合流し、さらに雪深く。

s-IMG_5996.jpg

谷が迫ってきて、右も左もスキー場になってくると、
もうすぐ終着、越後湯沢です。

s-IMG_5999.jpg

JR西日本の車両で越後湯沢に乗り付けるのって、
なんか違和感あります(笑
でも、115系を見ると、東京圏に帰ってきた実感が^^

s-IMG_6002.jpg

3分ほど遅れたようで、接続している新幹線への乗り継ぎがタイトに。
仕切りに、謝罪と急いでくださいのアナウンスが。
乗客の皆さんもいそいそと乗り換えです。

私はというと、そこは気楽な自由席。
せっかくの久しぶりの越後湯沢、
少しゆっくりしようと思います。

posted by DAIG☆ at 01:14| バンコク ☀| Comment(3) | TrackBack(0) | 日本の車窓から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年04月06日

[東京⇔名古屋]ルートその4:ほくほく線阿房列車@〜しらさぎ〔'14/12/30〕


さてさて、名古屋到着し次第、翌日の準備です。

s-IMG_5804.jpg

もう今は無くなっちゃったルート・・・
ぁいや、ルートは残ってますね。
無くなっちゃったのは特急ですね。
そんな、ほくほく線「はくたか」に無くなる前に乗っておこう
な阿房列車を運転します。

さすが年末、指定席は全く取れませんでした。
なので、自由席で乗り継ぎます。
望むところだ!
1時間くらい席取りにならぶのはなんの苦痛もありません(笑


自由席なら、好きなポジションを狙いやすいですしね。
私の好みのポジションは、
 編成後方、車両中央より少し後ろ、長窓車両なら後ろ側
 右か左かは、ルートによりけりですね。

今回は、
 関ヶ原、米原での折り返し、鵜原ループ線(対向)、北陸トンネル、今庄の雪景色、
 北アルプス、親不知、信越本線からの分岐、上越線合流、湯沢の雪景色
あたりがワタクシ的見どころです。

なわけで、何号車のどこら辺を狙うか、下調べ済み(笑


s-IMG_5809.jpg

そして12/30朝7時前。
7:50発「しらさぎ1号」に乗るべく、
まだ名古屋の地下街も開いていないうちに名古屋駅へ。

日本、寒いっすね・・・

s-IMG_5810.jpg

ホームに上がります。
入線の30分くらい前ですが、すでに人が並んでます。
ちょっと焦るwww
この人数なら着席は確実ですが、べスポジ取られたらどうしよう!(笑

s-IMG_5815.jpg

そして683が入線します。

s-IMG_5819.jpg

続々と、、、でもないですね、ボチボチ人が乗ってきます。
みんな帰省の様です。時勢がら。
名古屋から北陸に列車で規制する人少ないんでしょうね。
名古屋圏の人は基本的に自家用車ですし、そうでない人も
東海北陸道ができたので、もっぱらバスなのでしょうか。

s-IMG_5820.jpg

先頭車では恒例の親子での記念撮影大会が。

s-IMG_5823.jpg

小腹がすいたので、かき込みます。
名古屋なので、きしめん、で。

s-IMG_5824.jpg

そして出発ですが、結局ガラガラ(笑
米原折り返し以降でべスポジとなる座席確保。

s-IMG_5828.jpg

s-IMG_5829.jpg

枯れて乾いた日本の冬ですね。
関ヶ原に近づくと山の上のほうは白く。

s-IMG_5836.jpg

そして米原に到着。
すごい人だ!

s-IMG_5835.jpg

そしてここから、指定席車3両を増結します。

s-IMG_5837.jpg

計11両になりましたが、満席のようです。

s-IMG_5839.jpg

そして北陸本線、琵琶湖東岸を北上。
だんだん空がどんよりしてきます。

s-IMG_5843.jpg

そしていつの間にか真っ白に。

s-IMG_5844.jpg

湖西線と合流。(写真はもちろん対向列車)

s-IMG_5847.jpg

新疋田を過ぎて、上り線が左側に。
そして自分の頭を直角に跨いでまた右側に。
ループ線て通ったことないんですよね。
今度は上り線に乗ってみたいですね。

s-IMG_5851.jpg

平地に降りたと思うとすぐに敦賀駅。
除雪車が止まってるあたり、雪国・北陸地方を実感しますね。

でも、敦賀のあたりは雪少ないのでしょうかね。

s-IMG_5863.jpg

敦賀を出て、北陸トンネルを抜けるとまた雪景色。
今度はずいぶん雪深い感じ。

トンネルを抜けると・・・は清水トンネルで有名ですが、
ここもそんな感じですね。

今庄はダートラ場があって何度か来たことがあるので、
なじみの風景。雪景色は初めてです。

s-IMG_5871.jpg

福井の平野部に下りると、また雪はなくなります。

s-IMG_5873.jpg

芦原温泉、加賀温泉と過ぎて、乗客が増えていきます。
加賀温泉を出るころには立ち客も。
加賀温泉−金沢間が一番乗車率高かったですね。

s-IMG_5879.jpg

s-IMG_5881.jpg

新幹線の設備が見えてくると、もうすぐ金沢。

s-IMG_5888.jpg

半分くらいが下車でしょうか。
富山までの乗客も多いようで。

私も次の列車で座席確保のため、金沢で下車です。


さて、いよいよ「はくたか」に。
posted by DAIG☆ at 14:21| バンコク ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 日本の車窓から | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。